大豆が肝臓の老化、脂肪肝を防止する!たけしの家庭の医学

12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では血管と肝臓の名医が推薦!身体の老化を止める2大冬の食材SP。

肝臓の老化、脂肪肝を止める食材は大豆だったんです。
大豆を1日どのくらい食べればいいのでしょうか?ご紹介します。

スポンサーリンク

「大豆」が肝臓の老化を止める!

大豆が脂肪肝を改善するそうです。

食べすぎや飲みすぎなどで肝臓に脂肪がたまってしまう脂肪肝

脂肪肝になった人の約20%が糖尿病を発症するともいわれ、そのまま放置してしまうと、心筋梗塞脳梗塞になるリスクが2倍に高まるそうです。
さらに男性は大腸がん、女性は乳がんになるリスクも高くなるそうです。

そんな危険な「脂肪肝」を改善し、肝臓の老化を止める効果が期待できるのが『大豆』。

「大豆」に含まれるある特殊なタンパク質により「FGF21」という善玉ホルモンが分泌され、肝臓の脂肪を減少する効果があります。

さらに血糖値・中性脂肪値・コレステロール値などの改善効果もあるそうです。

スポンサーリンク

一日に食べる効果的な量は?

1日にどれくらい食べれば、脂肪肝の予防・改善効果が期待できるのでしょうか?
残念ながら、現在、研究中ではっきりわかっていないそうです。

そこで一般の方々と北海道の大豆生産農家の方とで、摂取量を比較してみました。
大豆、豆腐、油揚げ、豆腐加工食品を含めた年間の摂取量での比較です。

一般の方・・・・  9kg
北海道の方・・・54kg

1日100g食べると脂肪肝の予防・改善効果が期待できるのではないかということです。

スポンサーリンク

大豆100gの目安とは?

納豆1パック 25g
豆腐1丁   80g
油揚げ1枚    7g
味噌汁の味噌  5g

調整豆乳ならコップ1杯で12g

こちらを目安に一日の摂取量をアレンジして考えましょう!

大豆をアレンジしたメニューの例

豆腐ハンバーグ
ひじきの煮物
五目豆
大豆入りのカレーライス

おからサラダのレシピ

ポテトの代わりにおからを利用して、ポテトサラダのように作ります。

1.煮込んだ大豆をミキサーにかけ、おからと豆乳に分けます。

2.ベーコンとキュウリ、玉ねぎを合わせ、マスカルポーネチーズを加え、塩・こしょうで味付けて完成です。

12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では血管と肝臓の名医が推薦!身体の老化を止める2大冬の食材SP。 血管の老化を止める効果が...
12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では便秘症の3割を占める原因であるまがり腸の改善法は「考える人」のポーズでした。台を使ったそ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする