大根が血管の老化、動脈硬化を予防する!「たけしの家庭の医学」

12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では血管と肝臓の名医が推薦!身体の老化を止める2大冬の食材SP。
血管の老化を止める効果がある「大根」についてご紹介します。

血管の老化、動脈硬化を予防する成分イソチオシアネートを増やす調理法とは?

スポンサーリンク

「大根」が血管の老化を止める!

国立がん研究センターが調査したところ、大根を多く食べていた人はそうでない人に比べて
・心臓の血管が詰まる「心筋梗塞」などの心疾患で亡くなった人が約30%少ない
・脳の血管が破れるなどの脳血管疾患で亡くなった人が約20%少ない
という結果が出たそうです。

大根には血管の老化防止に効果が高いといわれる「イソチオシアネート」という成分が含まれているんです。

イソチオシアネートはもともと辛味成分の一種で、わさびや辛味大根などの鼻にツーンとくるような刺激のある辛味のもとです。

大根のイソチオシアネートを効果的に摂る調理法は?

血管の老化防止に効果がある「イソチオシアネート」ですが、その成分の量は調理法によって大きく変わってしまうそうです。

「大根」の調理法といえば、炒める・煮る・おろす。その他、酢漬け・塩漬けなど、どの料理法が最も効果的なのかを検証しました。

・生で食べるより「イソチオシアネート」が増える調理法とは大根おろしでした。

スポンサーリンク

大根にはイソチオシアネートはなかった!!

大根にはイソチオシアネートの元になる成分があるのです。

咬むとかすりおろすことによってイソチオシアネートが生成されます。

また、イソチオシアネートは熱や酸に弱いので、調理するとイソチオシアネートが減少してしまうのです。

スポンサーリンク

イソチオシアネートを効率的に摂る部位は?

・すりおろす部位によって違う・・・先端部分が一番多く含まれています。

・すり下ろしたときのすりおろし汁も一緒に摂取する。

・大根おろしにレモンをかけるとイソチオシアネートが増える。(15%アップする)

大根に含まれる成分はビタミンCを一緒に摂取するとイソチオシアネートを有効に摂取できます。

イソチオシアネートの驚きの効果とは

老化を促進する活性酸素を除去する作用がある。

血管の炎症を直接抑えるので動脈硬化の予防になる。

解毒酵素を増やすので、がんの予防にもなります。

12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では血管と肝臓の名医が推薦!身体の老化を止める2大冬の食材SP。 肝臓の老化、脂肪肝を...
12月4日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では便秘症の3割を占める原因であるまがり腸の改善法は「考える人」のポーズでした。台を使ったそ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする