「たけしの家庭の医学」認知症予防法は歌を歌いながら拍手することだった!

11月6日「たけしの家庭の医学」では認知症予防法が紹介されました。

認知症予防には楽器を演奏することや歌を歌いながら拍手をすることが効果的だそうです!

スポンサーリンク

認知機能を計測

脳の血流を計測する光ポトグラフィで、認知機能と関係の深い前頭葉を中心に血流を計測しました。

あることをしながら、光ポトグラフィで計測してみると・・・こんな結果になりました。


スポンサーリンク

脳の活性化が期待できる認知症予防法とは?

それは楽器の演奏だった。

先の光ポトグラフィの検査はキーボードを弾きながら、どのように変化するかを検査してみたものでした。

楽器演奏時の脳とは

個々の研究結果しかなく、公的な学会がお墨付きを与えた例は希です。
そこで、日本認知症予防学会が世界中の「楽器の演奏と認知症」に関する研究論文を再検証しました。

楽器演奏時の脳は脳全体が活性化し、認知機能を維持する効果があるとのこと。
これは認知機能正常な方から、MCI(軽度認知障害)の移行の予防効果があります。

スポンサーリンク

家庭で簡単にできる認知症予防法

岡山大学病院の脳神経内科の教授の阿部康二先生は日本認知症予防学会理事でもあります。

歌うということは言語を処理する部分を中心に活性化します。

阿部先生によると、楽器演奏と同じくらいの効果が期待できること・・・
それは歌いながら拍手することだそうです。

ポイントは音楽に合わせて動作すること。

どんな曲でも効果に変わりはありませんが、少し難しいことに挑戦するのが大切だそうです。

どのくらい続ければ改善されるのか?

検証3日めで効果が出てきましたが、5日目でしっかりと効果を感じられました。

11月6日「たけしの家庭の医学」で脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるとされる高血糖を取り上げました。将来高血糖になる可能性が高い人がほうれい...
11月6日「たけしの家庭の医学」頻尿の改善法が紹介されました。 青竹踏みで足裏を刺激すると頻尿が改善されるそうですので、ご紹介します。...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする