スポンサーリンク

「名医のTHE太鼓判」唐揚げの作り方/効果的な油の使い方

健康情報

4月1日、名医のTHE太鼓判では「油大研究!いい油を使い分けて健康になろうSP」が放送されました。

唐揚げの作り方から、油の効果的な使い方に迫ります。
 

唐揚げを作る

鶏もも肉と胸肉はどっちを選ぶ?

胸肉の方がイミダゾールペプチドという疲労回復・認知機能の改善に効果があります。

もも肉の方がジューシーに仕上がります。

油の吸収率比較

揚げ物は表面積が大きいほど油を多く吸収します。

ですから、油の吸収率を低くするには大きく切った方がいい。

鶏肉をジューシーに仕上げる方法

鶏肉をジューシーに仕上げるには、を加えるといいと言いますが、スポーツドリンクに変えるとさらにジューシーになります。

ただしスポーツドリンクを入れすぎないこと。

下味の分量

お肉500g
スポーツドリンク大さじ1
しょうゆ大さじ1
 

唐揚げを揚げる温度は?

より美味しくなる唐揚げの作り方は、低温でゆっくり火を入れること。

高温で揚げると表面が焦げたりします。そこで低温から揚げると、焦げによる老化の原因とも言われるAGEsの吸収が抑えられます。

唐揚げは2度揚げする

脂は熱い方熱い方に逃げる性質があるので、2度揚げして表面にある脂を逃がしてカラッと揚げます。

「名医のTHE太鼓判」えごま油で血圧改善!血圧サージが危ない
4月1日、名医のTHE太鼓判では「油大研究!いい油を使い分けて健康になろうSP」が紹介されました。1日スプーン1杯分摂取するだけで血圧に劇的な効果が見られる、最強オイルをはえごま油だった。血圧が急上昇する血圧サージを放置すると危険なんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました