「たけしの家庭の医学」高血糖の予防にはキノコのビタミンDが有効だった!

11月6日「たけしの家庭の医学」で脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるとされる高血糖を取り上げました。将来高血糖になる可能性が高い人がほうれい線を見ればわかるとのこと。

血糖値を予防する栄養素としてキノコのビタミンDが紹介されました。
効果的な調理法もお知らせします。

スポンサーリンク

高血糖になる可能性を検証

将来、高血糖になる可能性は「ほうれい線」を見ればわかるそうです。
ほうれい線が深い人は高血糖になる可能性が高いとのこと。

なぜ、ほうれい線でわかるのでしょうか?

糖分の影響

糖分は皮膚繊維にダメージを与え、すると皮膚の弾力性が失われていきます。
それで、ほうれい線が深くなるのです。

だから、ほうれい線が深い人は将来血糖値が高くなる可能性が高くなるのです。

スポンサーリンク

ビタミンDの効果

ビタミンDは骨の代謝を活性化し強くしてくれます。ビタミンDは血糖値を改善できる栄養素なんです。

カリフォルニアの疫学研究でビタミンDをあまり摂っていない人とたくさん摂っている人を比べると、糖尿病(2型)がたくさん摂っている人は5分の1に抑えられるというというデータがあります。

ビタミンDが不足すると少し糖分が多い状態が続いてしまいます。

ビタミンDを多く摂ると

ビタミンDをしっかり摂取すると、骨からオステオカルシンが分泌され、血糖値の上昇を抑えてくれます。

オステオカルシンが少ない人は、多い人より8倍糖尿病の発症リスクが高いそうです。

スポンサーリンク

ビタミンDには1つ問題がある

体内のビタミンD量はこれからの季節減少していき、冬にはかなり少なくなります。

ビタミンDは紫外線を浴びると体内で生成されますが、これから紫外線が弱まりますので、食べ物からビタミンDを摂取することが大切です。

ビタミンDは魚やキノコに多く含まれますが、その他の食材にはそれほど含まれていません。
そこでキノコを日常的に食べることが大事なのです。

日本人のほとんどはビタミンD不足です。ビタミンDの理想量を摂れている人は、成人女性の約10%です。毎日キノコを食べてビタミンDを摂取しましょう。

調理のポイント

キノコは天日干しするとビタミンDが増加します。

ビタミンDは油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

キノコを日常的に食して、ビタミンDの吸収力がアップされるような調理法で調理しましょう。

11月6日「たけしの家庭の医学」頻尿の改善法が紹介されました。 青竹踏みで足裏を刺激すると頻尿が改善されるそうですので、ご紹介します。...
11月6日「たけしの家庭の医学」では認知症予防法が紹介されました。 認知症予防には楽器を演奏することや歌を歌いながら拍手をすることが効...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする