スポンサーリンク

「ヤセる最強のみそ汁 」1日1杯飲むだけで痩せる!キンスマスペシャル

未分類

2月15日、キンスマスペシャルではカリスマ医師の小林弘幸先生考案、ヤセる最強のみそ汁が紹介されました。1日1杯飲むだけで痩せるという「ヤセる最強のみそ汁」とは?

「ヤセる味噌汁」素材は4つ

赤みそ

赤みそは糖の吸収を抑える効果があります。
食事をして血糖値が急激に上がると、インスリンが過剰に分泌され、血管内の糖分を脂肪細胞に蓄えてしまいます。

赤味噌は糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の上昇を抑える物質(メラノイジン)が豊富なんです。
インスリンが糖を脂肪に溜め込もうとするのですが、糖が増えるのをメラノイジンが抑えてくれます。

白みそ

白みそは腸内環境を整える効果があります。
白みそスプーン1杯はヨーグルト100gとほぼ同量の乳酸菌が含まれています。

腸内環境が整うと、血流g他良くなり代謝が上がります。すると脂肪燃焼を促進します。

おろした玉ねぎ

白みそと合わせると最強の整腸剤になります。
タマネギのオリゴ糖は白みその乳酸菌のエサになります。乳酸菌が増えると腸内環境が改善します。

血流が良くなると代謝がアップし、痩せやすい体になります。

すったタマネギだと子供でも食べやすいそうです。

りんご酢

女性の天敵であるむき身を取る効果があります。
塩分を過剰に摂ると、塩分濃度を薄めようとして、水軍を体内に蓄えてしまいます。

りんご酢のカリウムが塩分を体の外に出す働きがあるのです。
りんご酢は塩分を排出し、余計な水分を溜め込まナックなり、むくみ解消が期待できます。

最強の味噌汁の作り方

材料

赤みそ(八丁味噌など) 80g
白みそ(西京みそなど) 80g
おろした玉ねぎ     150g
りんご酢     大さじ1杯

作り方

4つの素材を混ぜるだけ。出汁は要りません。

製氷皿に入れて冷凍して作り置きすれば、2週間保存が可能です。
10個の製氷皿で作ったみそ玉1個は30gです。

10杯分のみそ玉を一気に作り、食べたいときにお湯を注ぐだけです。

アレンジレシピ

長いもと梅の味噌汁のレシピ

材料(2人分)

長いも・・150g
水・・300ml
みそ玉・・2個
梅干し・・1個

作り方

①長芋のヒゲをコンロで炙って焼き、皮ごと7mm程度の厚さでいちょう切りにします。

②鍋に水と①の長芋を入れ、2分ほど中まで火を通します。

③火を止めたらみそ玉を加えて溶かします。

④梅干しをちぎって加えて完成です。

サバ缶とたけのこの味噌汁のレシピ

材料(2人分)

たけのこ(水煮)・・80g
水・・300ml
酒・・大さじ1
みそ玉・・2個
サバの水煮缶・・1/2缶(100g)

作り方

①鍋にお湯を沸かし、酒、たけのこを加えて1分加熱します。

②火を止めて、みそ玉を投入し溶かします。

③器にサバの水煮缶を入れます。

④③に②の味噌汁を注いで完成です。

エビとアスパラガスの味噌汁のレシピ

材料(2人分)

エビ(頭)・・4尾
酒・・大さじ2
水・・300ml
エビ(身)・・4尾
アスパラガス・・2本
みそ玉・・2個

作り方

①鍋に海老の頭、酒、水を入れてひと煮立ちさせてだしを取ります。

②エビの身とアスパラガスを加えて、火が通るまでおよそ1分加熱します。

③火を止めてみそ玉を溶かせば完成です。

豆乳味噌のお団子スープのレシピ

材料(2人分)

鶏ひき肉・・80g
長ネギ・・40g
しょうが・・1かけ
水・・200ml
無調整豆乳・・100ml

作り方

①ボウルに鶏ひき肉とみじん切りにした長ネギと生姜を加えて混ぜます。

②お湯を沸かして①を団子状にして加えてひと煮立ちさせます。アクが出てきたら取ります。

③豆乳を加えて混ぜ合わせます。

④火を止めてみそ玉を溶かせば完成です。

世界一受けたい授業「長生き味噌汁健康法」レシピ
9月22日の世界一受けたい授業では、小林弘幸先生が「シワやシミ・がんの原因の1つである活性酸素が1週間で激減」という長生き味噌汁の「スペシャル味噌」健康法を紹介しました。長生き味噌汁やスペシャル味噌のレシピやをお知らせしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました