スポンサーリンク

たけしの家庭の医学「ふともも伸ばし体操」で腰痛改善!

健康情報

1月22日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では腰痛改善・予防に効果的な「ふともも伸ばし体操」が紹介されました。そのやり方をご説明します。

腰痛の原因

原因不明の腰痛持ちの方の中には、腰とは別の場所に原因があることも。その原因のひとつとして考えられるのが、太ももが硬いこと。

太ももの筋肉が固くなる原因としては、あまり歩かないことや座っていることが多いといった、太ももをあまり日常的に使わないことが考えられます。

筋肉は固くなると伸びにくくなります。筋肉が伸びなくなると、収縮しようとするので、骨盤が前に引っ張られて身体が前傾してしまうのです。

骨盤が前傾すると、骨盤と繋がっている腰の骨も前に倒れてしまいます。この状態を反り腰と言い、これが腰の骨の大きな負担となり、炎症が起こってしまうために腰痛が起こるのです。

腰以外の場所に腰痛の原因があるかもしれません。
今腰痛がなくても、この検査で将来腰痛になる可能性がわかる!

お尻キック検査のやりかた

(1)うつぶせに寝る

(2)少しだけ反動をつけて、かかとでお尻を蹴るようにひざを曲げる
※あまり勢いをつけると足がつる恐れがあるので注意しましょう。

このとき、かかとがお尻につくかどうかがポイントです。

つけば問題なし!
つかなければ、太ももの硬さが腰痛の原因の可能性あり!

3)反対の足でもかかとがお尻につくか確認
どちらかの足がお尻につかなければ、太ももの硬さが腰痛の原因の可能性大です。

太もも伸ばし体操

この体操を行うと硬くなった太ももがやわらかくなり、前傾した骨盤が正しい位置になります。そうなることで腰への負担が減少し、腰痛の改善が期待できます。
今腰痛がなくても予防としてお勧めします。

太もも伸ばし体操のやりかた

(1)横向きに寝ます。

(2)手で足をつかみ、かかとをなるべくお尻に近づけた状態で太ももを後ろに振ります。

※勢いよくやりすぎると腰を痛めるため、ゆっくり優しく動かします。

左右10回ずつで1セット、これを1日3セット行うことで徐々に太ももがやわらかくなっていき、1週間程度で腰痛の改善が期待できます。

たけしの家庭の医学「緑茶」のケルセチンで老化の原因さびを予防しよう!
1月22日たけしの「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された緑茶の効果についてご紹介します。緑茶のケルセチンが全身の老化の原因となるさびを予防するとのこと、摂取量などまとめました。
たけしの家庭の医学「DHA・EPA」が目の老化、眼精疲労を改善する!
1月22日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では目の老化、眼精疲労を改善してくれるのはDHA・EPAでした。DHA・EPAをムダなく摂取できる調理法はぶり大根だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました