スポンサーリンク

たけしの家庭の医学「DHA・EPA」が目の老化、眼精疲労を改善する!

たけしの家庭の医学

1月22日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では目の老化、眼精疲労を改善してくれるのはDHA・EPAでした。DHA・EPAをムダなく摂取できる調理法はぶり大根だった。
 

目の不調を改善する「DHA・EPA」とは?

目の疲れ… たかが眼精疲労と思っていると大変なことになります。
重症化すると、視力低下や、最悪失明の恐れもあるそうです。

目の疲れの原因は涙の減少です。加齢で涙が減少していくそうで、60代になると10代の頃と比べて約半分に減ってしまうとか。

目の老化防止が期待できるのがDHA・EPAです。

「DHA・EPA」が多く含まれる食材

ブリが眼精疲労を防止してくれる食材なんです。

ブリには老化防止の「DHA・EPA」が多く含まれ、加齢で減少した涙を目の表面に留まらせてくれる効果があり、目の老化防止につながるそうです。

「DHA・EPA」は青魚に多く含まれていることで知られていますが、実はブリも豊富なんです。DHAの量は、サバ(970mg)なのに対して、ブリは1.7倍の1700mgも含まれているそうです。
 

DHA・EPAを効率よく摂取するブリの食べ方

お勧めは頭の部分を使った「ぶり大根」。

ぶりの中でもDHA・EPAを多く含む部位が「」の部分。特に「」の部分に多く含まれています。

ぶり大根にすると熱で溶け出しやすいDHA・EPAを含んだ汁を大根がしっかり吸収するため、余すところなく摂取できます。

たけしの家庭の医学「緑茶」のケルセチンで老化の原因さびを予防しよう!
1月22日たけしの「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された緑茶の効果についてご紹介します。緑茶のケルセチンが全身の老化の原因となるさびを予防するとのこと、摂取量などまとめました。
たけしの家庭の医学「ふともも伸ばし体操」で腰痛改善!
1月22日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」では腰痛改善・予防に効果的な「ふともも伸ばし体操」が紹介されました。そのやり方をご説明します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました