スポンサーリンク

チョコレートの太らない食べ方三ヶ条

未分類
Dark Chocolate

限定商品やバレンタインなど、冬はチョコレートが気になる季節ですね。

ダイエット中でも食べたいチョコレート、太らない食べ方三ヶ条をお知らせします。
 

チョコやおやつの太りにくい食べ方三か条

ダイエットを心がけるならおやつはご法度!というのでは、長続きしませんよね。
食べたいお菓子も適度に食べて、ストレスを避けながら楽しく続けたいのがダイエット。
おやつを食べるのは基本的にOK。ダイエッターのための、おやつを食べる3つのコツをご紹介します。

カロリーは1日の10%以内を厳守!

ダイエッターにとってのおやつは、1日に必要なカロリーの10%以内が目安です。
体に必要な栄養素をまんべんなく摂ると体内の代謝もよくなり、長期的にみても太りにくい体質作りに役立ちます。

そのために食事をきちんと食べることが大切なので、栄養バランスを崩さない上でこの量が上限だと考えられるからです。

また、食べながら残すのは至難の技。最初から取り分けておかないとついつい食べ過ぎてしまいます。袋から直接食べるのではなく、お皿に取り分けてから食べる習慣をつけてみましょう!
 

食べる時間は午後3時から6時

おやつの時間は午後3時と言われますが、これにはダイエットのための良い根拠があります。

比較的生活時間が安定している人なら、午後3時から6時の間が1日で一番体温が高くなります。体温が高い時間とは、カロリーの消費が多く代謝の良い時間帯。つまりこの時間帯は食べても太りにくい、ラッキーなおやつタイムなのです。

空腹を長くガマンしすぎると、次の食事で食べ過ぎることも多いもの。少しお菓子を食べて気持ちにゆとりを持つことは、ダイエットにも有効です。
 

好きなものを選んで満足度を上げる

チョコレートはもともと少量でも美味しく感じる、満足度の高いお菓子。どうせカロリーを摂るのなら、自分の好きな美味しいものを食べて精神的に満たされたほうが良いのです。

チョコレートは確かに少量でもカロリーは高いですが、その分食べごたえも大きいもの。なんとなく食べるスナック菓子よりも、チョコレート5粒のほうが、食べた満足感もあり、実際のカロリーを控えることも可能です。

パティシエのチョコレートや季節限定のチョコレート菓子。食べたいものを選んで、美味しいコーヒーを淹れて、ゆっくり味わう。おやつの時間を賢く楽しんで、ダイエットを成功させましょう!

林修の今でしょ講座「高カカオチョコレート」で免疫力・美肌効果をアップ
1月29日放送の「林修の今でしょ!講座」では、チョコレートの健康効果をご紹介します。ポリフェノールを多く含む高カカオチョコレートで免疫力・美肌効果をアップしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました