スポンサーリンク

風邪をひいた時お風呂はどうする?

健康情報

インフルエンザが流行っていますね。

風邪をひいた時、お風呂は控えた方がいいと昔は言われていましたが、今はどうなのでしょうか?調べてみました。
 

インフルエンザの時お風呂はダメ

風邪やインフルエンザにかかっていても、通常は入浴しても構わないそうです。

でも、高熱で動くのがつらければ無理して入浴する必要はありません。

発熱していると脱水状態になりやすいため、ぬるめのお湯にして、湯船につかるのは短時間にとどめ、入浴前後には意識して水分を摂取しましょう。

特に子どもや高齢者は脱水による症状を訴えなかったり、気付きにくかったりするので注意が必要です。また、体力を消耗している場合は入浴を控え、蒸しタオルで全身を拭いて対応しましょう。
 

家族がインフル、お風呂の順番は?

インフルエンザや風邪のウイルスは、患者のせきやくしゃみによって飛び散った鼻汁や唾液などを吸い込むことで感染する飛沫(ひまつ)感染と、ウイルスが付着した手で鼻や口を触ることで感染する接触感染によって広がります。

インフルエンザや風邪のウイルスは高温多湿の環境では感染力を失うので、お風呂で他人へ感染させる可能性は低く、入る順番は気にしなくてよいです。

入浴後に気をつけること

入浴前後に使ったタオルなどにはウイルスが付着しているため、取り扱いに注意しましょう。接触感染を防ぐため、患者と家族は違うタオルを使うようにしましょう。
 

なぜ「風邪のときは風呂に入るな」と言われていたの?

昔は銭湯を利用する人が多かったり、家の脱衣所が寒かったりして、湯冷めをしてしまう可能性が高かったため、風邪をひいたときは風呂に入らないように言われていたのでしょう。

高熱で体を動かすのが辛いときは?

清拭(せいしき)といって、蒸しタオルで全身を拭くことで清潔を保つ方法があります。

拭き終わったら、乾いたタオルで水分を十分に取り除いて、体が冷えることを防ぎます。これは主に入院中に入浴できない患者さんに対して行われています。

あさイチ インフルエンザ対策!接触感染予防とは?
1月24日あさイチで主婦のちひろさんが実行した接触感染予防のインフルエンザとは?2歳のお子さんがインフルエンザにかかり、旦那さんは単身赴任中ゆえ、自分が移ったら生活が成り立たなくなるので、徹底的に調べた方法だそうです。プロの医師の立場から見ても、正しい方法とのことでした。
インフルエンザワクチン接種は予防のためではなく重症化を防ぐためだった!
インフルエンザの爆発的流行の陰にワクチン接種の影響があった?インフルエンザにかからないように、予防としてワクチンを打っている人が多いと思われますが、実は予防ではなく重症化を防ぐのが目的だった!インフルエンザワクチン接種の意義について調べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました