スポンサーリンク

サウナの水風呂は正しく入ると自律神経が整う!

生活・美容・料理

サウナの正しい入り方!「水風呂がメイン」であるといわれるほどにサウナ室と水風呂のセットで自律神経が「整う」からなんです!

サウナは好きだけど水風呂は苦手な方は必見です。水風呂に入らないなんてもったいない!

サウナ室と水風呂の入り方

1. サウナ室に6分入る

2. 水風呂にサッと入る(一瞬つかる程度でいい)」

3. サウナ室に10分入る

4. 水風呂に気持ちいいと感じる程度入る

5. 3~4を繰り返す

サウナは自律神経が整う

サウナは高温のサウナ室で汗をかくことで、新陳代謝が上がり老廃物を出してスッキリする。だから利用している!という方が多くはないでしょうか?

でも、サウナ室と水風呂と休憩を交互に利用することで自律神経が「整う」ことを体感できます。

整う」を体感できるように、水風呂の意義をご説明します。

サウナ水風呂の意義

水風呂に入ることで得られることとは・・・

水風呂の意義冷たい水が火照った体で中和され、薄い膜ができる

最初に水風呂に入ったときは、水の冷たさにびっくりします。

ところが、2回目にサウナ室に入った後の水風呂は冷たさを感じず気持ちいい~のです。

体に薄い膜ができて「羽衣」をまとった状態と表現されていました。

正しいサウナの利用の仕方

サウナ室→→→水風呂→→→外気浴

これを3セット繰り返す!

3セット繰り返すと、究極の快感「ディープリラックス」が得られます。

サウナの効果

・血流が良くなる

・老廃物の排出が促進される

・新陳代謝が上がる

・睡眠の質が向上する

・美肌になる

サウナに入らなかった日と比べると、深い睡眠は約2倍になるそうです。

「サウナ」水風呂の健康効果とは?なぜストレスが解消されるのか?
サウナには水風呂が快適ですが、健康効果はどうなのでしょうか?健康的な水風呂の利用の仕方や「整う」ということ、サウナに入るとなぜストレスが解消されるのか?サウナと水風呂利用で、気を付けなければいけないことも調べてみました。

おススメの女性が行くべきサウナ

林先生の初耳学でマグ万平がおススメした、女性が絶対に行くべきサウナをご紹介します。

 第3位

東京両国の「江戸遊

ここはフィンランド式のサウナなんです。

室温45度のアロマスチームサウナがあります。

なんと、女性専用のワーキングスペースがあるんです。

サウナでスッキリするのは体だけではなく、実は脳もスッキリするんです。

サウナに入ることで血流が良くなるので、脳に酸素がたくさん行き渡り、脳が覚醒した状態になります。だから普段よりアイデアが浮かび、仕事がはかどります。

 第2位

愛知県名古屋市の「サウナラボ

本場フィンランドのサウナを再現した小屋風のサウナなんです。

サウナラボには水風呂がありません。その代わり、雪原をイメージした日本唯一のマイナス25度のアイスサウナがあります。

水風呂でなくとも体を冷やせばOKなんです。

肌が引き締まる感じで、気持ちがいいそうですよ!

 第1位

北海道十勝岳の中腹にある「白銀荘

大自然に囲まれた露天風呂に入り、雪景色を見ながらのサウナが体験できます。

十勝岳の雪解け水で作られた極上の水風呂が利用できます。

名水あるところに名サウナあり

白銀荘ではサウナ室のあと水風呂ではなく、雪にダイブして体を冷やすことも出来ちゃいます。パウダースノーに頭から思いっきりダイブしちゃってください!

ダイブの後は、絶景の露天風呂で体を温めましょう。

まとめ

水風呂は火照った体を冷やすためだけだと思っていました。

ポイントのおさらいです。

サウナ室→→→水風呂→→→外気浴

これを3セット繰り返す!

私も3セット繰り返した後の解放感を味わってみたくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました