スポンサーリンク

「コロナウイルス対策」消毒薬売り切れ!どうしたらいい?!

生活・美容・料理

新型コロナウイルスから身を守るため、マスクが売り切れてしまいました。手洗いの延長上の消毒ですが、今、消毒薬も売り切れ状態!

消毒薬といっても色々種類があり、ウイルス対応の消毒薬でないと効き目がないそうです。間違えると危険なものもあるのでしょうか?

コロナウイルスに効果的な消毒薬

いまコロナウイルスへの対策として推奨されているのは、アルコール系の消毒薬です

通常、消毒成分のアルコールとは「エタノール」成分を指します。

エタノールと並ぶ、もう一つの代表的アルコール成分としてイソプロパノールという消毒成分が市販薬として売られています。

イソプロパノールも70%以上の濃度でコロナウイルスに効果的とする報告があります。ただし、匂いがきついことや、エタノールよりも脂を落とす作用が強く手が荒れやすいなど、安全面で欠点のあるアルコールなので、どうしても消毒用エタノールが手に入らない状況では止むを得ない場合もありますが、あまりお勧めできません

消毒薬は万能ではなかった

消毒薬は万能ではなく、成分によって効果が発揮できる細菌やウイルスが決まっています。誤った消毒薬を選んでも、目的のウイルス対策にはなりません。

ちなみにアルコールではない成分として「ベンザルコニウム」や「クロルヘキシジングルコン酸」なども市販製品によく使われていますが、過去の報告では、コロナウイルスへの効果が認められなかったり、エタノールに比べて劣っていたことが報告されています。

エタノールの濃度も選ぶポイント

Point手指消毒に向いているのは濃度80%前後のエタノール

ポイントは、濃度が高いほど効果が高いわけではないことです。

エタノールも使いすぎは手が荒れます。手荒れが気になる方は、あらかじめグリセリンなどの湿潤剤が添加されたアルコール系消毒薬を選んだり、使用後にハンドクリームでスキンケアすると防ぐことができます。

ボトル詰め替えはできる?

手指消毒に使いやすいノズル付きやスプレータイプの消毒薬が早々に売れてしまったため、店頭にはボトルだけの商品だけが残っていることがあります。

市販の消毒薬のラベルには「他の容器に入れ替えないでください」と書かれているものがほとんどです。消毒薬の種類によっては微生物が繁殖しやすいものがありますし、容器を変質させてしまうこともあります。

せっかく詰め替え用の本体があるので、100円ショップのボトルに詰め替えて使おうと思いましたが、ラベルを見ると、エタノールを入れないでくださいと書かれた商品がほとんどでした。

詰め替えた容器を、家族がエタノールと知らずに誤用・誤飲してしまう恐れもありますので、安易に詰め替えるのはやめた方が良さそうです。

消毒用アルコールが手に入らないときは?

厚労省やWHOなどが推奨している手指の衛生対策は2つです。

Pointアルコール消毒

手洗い

消毒用のアルコールが手に入らなければ、手洗いを心がけるのが良いでしょう。

・いつもより時間をかけて手を洗う

・むやみに顔に手を触れない

・人ごみを避けるなど

新型コロナウイルス対策!正しい手洗いのポイント
新型コロナウイルス対策として、正しい手洗いのやり方と、家庭で気を付けるべく事。感染に特に気を付ける必要のある人はどんな人なのでしょうか?
新型コロナウイルスのパンデミック対策で備蓄リストをまとめてみたよ!
パンデミックってなに?新型コロナウイルスの感染・拡大を防ぐため、大規模に人が集まるライブ・スポーツ観戦などのイベントは2週間の自粛要請により続々と中止・延期になりました。パンデミックになる危険性を懸念して自衛対策として備蓄リストをまとめてみました。
「あさイチ」新型コロナウイルスの今対策できること知りたいこと
3月2日、NHKあさイチでは新型コロナウイルス対策で家にウイルスを持ち込まない工夫が紹介されました。アルコール消毒や石ケンでの手洗い、マスクのことなど今気になる事柄をまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました