スポンサーリンク

冷凍魚の解凍テクニックと回転寿司のサイドメニュー「林修の今でしょ講座!」

生活・美容・料理

4月2日,林修の今でしょ講座では医師100人が選ぶ「体にイイ回転寿司のネタBEST10」が発表されました。

そこで魚の鮮度を落とさない解凍のテクニックが紹介されました。

回転寿司で栄養面から一緒に選ぶといいサイドメニューもお知らせします。

魚の鮮度を落とさない「解凍テクニック」

冷凍技術が進んでいる今、-50度で冷凍されるので、生でも鮮度も栄養も損ねません。

上手な解凍の仕方

鮮度と栄養を損なわない解凍の仕方は、ぬるま湯の塩水につけること。

人肌と同じくらいの温度(40度)で、約3%の塩を入れます。

そこに冷凍されたマグロを直接漬けます。

お湯で解凍すると-1~-5度という、ドリップの出やすい温度帯を急速に過ぎることができるのです。

最強サイドメニュー

第3位 茶碗蒸し

卵のコリンという成分がシャリの糖質や脂質をエネルギーに変えてくれる。

第2位 枝豆

魚に豊富なカルシウムと相性が抜群です。

大豆イソフラボンが破骨細胞を抑えてくれます。

枝豆は初めに食べるのがお勧めです。

第1位 あおさの味噌汁

あおさに含まれるマグネシウムと魚に豊富なEPA・DHAがWのパワーで血管を老けさせません。

アディポネクチン(長寿ホルモン)が血管を丈夫にしてくれます。

あさりの味噌汁も髪の毛や肌を丈夫にする亜鉛が豊富です。

いわしは医師に選ばれた回転寿司最強ネタだった!林修の今でしょ講座!
4月2日、林修の今でしょ講座では医師100人が選ぶ「体にイイ回転寿司のネタBEST10」「カルシウムが豊富なこはだ」「花粉症の改善が期待できる大とろ」など、医師が健康目線で選んだ最強の寿司ネタNo.1とはいわしだった!
ランジで大腰筋を鍛え骨折予防しよう!林修の今でしょ講座!
4月2日、林修の今でしょ講座!ではランジという体操が紹介されました。大腰4月2日、林修の今でしょ講座!では「体にイイ回転寿司のネタBEST10」が発表されました。その中で筋肉を鍛えるランジという体操が紹介されました。大腰筋を鍛えて骨折対策しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました