スポンサーリンク

たけしの家庭の医学「冷え性」目の冷えはタオルにぎにぎ体操で改善できる!

たけしの家庭の医学

3月5日、たけしの家庭の医学では冷え性の本当の怖さは目の冷えだった。

目の冷えは緑内障を起こしやすいとわかっています。
タオルにぎにぎ体操で改善されますのでご紹介します。

目の血流量を図る

目の血流量を計測します。

普通に計測した場合と、極端に冷えを与えた状態を作っての2回を検査します。

冷え性の方は緑内障になりやすいことがわかりました。

冷え性だと目の血流障害が起こり、視神経の栄養分が不足し、老廃物が蓄積し、視神経が侵されて緑内障になりやすいと言われています。

タオルにぎにぎ体操

用意するものは、タオル2枚輪ゴム4本

タオルを丸めて輪ゴムで両端をとめます。これを2本作ります。

1、タオルを両手で3割の力を入れて2分間握ります。

2、力を抜き1分間休みます。たったのこれだけです。1日1回3分でOK。

タオルにぎにぎ体操の原理は・・・

タオルを握ると筋肉が圧迫され血管が収縮し、血流が低下します。

2分後、力を緩めると、拡張した血管で血流が場s表紙、血管壁を強く刺激まします。

この時、NOという血管を拡張する物質が分泌されます。
NOが全身の血管を拡張し、目の冷え&全身の冷えを改善します。

たけしの家庭の医学 グルタミン酸が「大腸がん」リスクを抑制!昆布の栄養成分を最大限引き出すダシの取り方!
3月5日、テレビ朝日系「たけしの家庭の医学」では日本人の大敵である大腸がんのリスクとなる大腸ポリープを抑制する栄養成分が昆布のグルタミン酸にあることがわかった。昆布の栄養素を最大限引き出すダシの取り方とは?さsらにダシを取るのに、昆布の8倍のグルタミン酸がある食材の紹介もされました。
「たけしの家庭の医学」転倒骨折を防ぐ「ながら力」をアップする思い出しステッピング
3月5日、テレビ朝日系「たけしの家庭の医学」では転倒を防ぐ科として、近年急増する高齢者の転倒骨折事故に潜む新原因がわかりました。歩く様子を見るだけでリスクがわかる転倒の新原因「ながら力」とは?ながら力をアップする思い出しステッピングをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました