チャンウォニョンは台湾と韓国のハーフ?英語も日本語もうまい!

IZ*ONEのチャンウォニョンは台湾と韓国のハーフ疑惑がありますが真相はどうなのでしょうか?

またチャンウォニョンは英語や日本語がうまいとの噂があります。
IZ*ONEの末っ子のチャンウォニョンのプロフィールや性格もご紹介しますね。

スポンサーリンク

チャンウォニョンのプロフィール


名前:チャン ウォニョン/장 원영

生年月日:2004年8月31日
身長:169㎝
体重:47㎏
練習生期間:1年2ヶ月
趣味:お姉さんたちと遊ぶこと
特技:ガールズヒップホップ
所属事務所:STARSHIP Entertainment

日韓合同グループのIZ*ONEのメンバーとして2018年10月にOff The Record Entertainmentよりデビュー。

IZ*ONEはオーディション番組「PRODUCE48」の合格者12人によって結成されたグループで、チャンウォニョンさん最終順位1位でデビューメンバーに選ばれました。

また、IZ*ONEは期間限定のグループで、2021年4月までの活動予定であることが発表しています。

チャンウォニョンの性格

IZ*ONEのセンターとして注目を集めるチャンウォニョンはどんな性格なのでしょうか?

チャンウォニョンは努力家であることが広く知られています。歌やダンスなど、高いスキルは努力によって身に付けたもののようです。

IZ*ONEでは最年少メンバーのチャンウォニョン。グループの末っ子として、ファンからもメンバーからも愛されており、甘えん坊的な一面もあります。

スポンサーリンク

チャンウォニョンはハーフなの?

CHANG YUAN YINGという表記

チャン・ウォニョンが台湾とのハーフと言われるようになったのは、PRODUCE48放送開始時に公開された彼女のプロフィールがきっかけでした。
チャン・ウォニョンの英語名は「JANG WON YOUNG」となるはずなのですが、ここでは「CHANG YUAN YING」と表記されています。この表記が台湾式であると指摘され、ウォニョンは華僑なのでは?と言われはじめたのです。

ハーフは誤解?

その後、プロフィールの英語表記は「JANG WON YOUNG」に訂正され、ウォニョンも特にこの噂について言及していないため、真相は不明です。
名前が台湾式の表記であったこと、そして韓国語はネイティブであることから、チャン・ウォニョンは父親が台湾人で、出身は韓国なのではないかと推測されています。

所属事務所からの発表は?

ハーフの真偽について所属事務所から何の発表もないので、はっきりとは分かりませんが、通っていた小学校や中学校が韓国であること、空港で韓国のパスポートを持っていたことが確認されていることから、韓国出身である可能性が高いでしょう。
韓国出身なので韓国語がペラペラなチャンウォニョンですが、日本語や英語の語学レベルも高いとのことです。

スポンサーリンク

チャンウォニョンは日本語も話せる

https://twitter.com/produceioizone/status/1048548746152173568

チャンウォニョンが所属するSTARSHIP Entertainmentでは、世界での活動を見据えて日本語のレッスンを行っていたようです。

さらにIZ*ONEは2019年2月に日本デビューが予定されているので、韓国人メンバー全員で日本語を勉強しているとのこと。さらに日本語が上達している事でしょう。

チャンウォニョンは英語もうまい

https://twitter.com/tokkisihyun0805/status/1056892368132001792

チャンウォニョンさんは英語も上手に話せると言われています。なぜなら、日本語と同じく、英語も所属事務所からのレッスンを受けていたのです。

IZ*ONEデビュー日に開催されたショーケースコンサートでは流暢な英語を披露し、話題になりました。

英語の語学レベルがあまりにも高いので、「IZ*ONEの英語担当」とも呼ばれているそうです。

PRODUCE48からデビューが決まったIZONE(アイズワン)の12人のメンバーですが、第1位に選ばれたのがチャンウォニョンで、参加メンバ...
人気投票でも高順位をキープしているチャンウォニョンですが、PRODUCE48も第6回を迎え、今回1位候補者として選ばれました。チャンウォニョ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする