スポンサーリンク

岡崎紗絵が錦戸亮主演の「トレース~科捜研の男~」に同僚として出演!

女優

ドラマ「トレース~科捜研の男~」は、フジテレビ系で2019年1月7日スタートしました。

主演、錦戸亮演じる科捜研法医研究員の同僚役として岡崎紗絵は出演しています。

どんなドラマなのでしょうか?気になりますね。
 

「トレース~科捜研の男~」メインキャスト

累計40万部突破の人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載)が原作。

錦戸演じる主人公の科捜研法医研究員・真野礼二が、「鑑定結果こそが真実」を信念に、新木優子演じる新人法医研究員・沢口ノンナ、船越英一郎演じるベテラン刑事・虎丸良平との“異色トリオ”で難事件に向き合う。

「トレース~科捜研の男~」あらすじ

主演・錦戸亮演じる真野礼二は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。
「鑑定結果こそが真実」ーー他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。そんな真野は、何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることに。

一方で被害者や残された遺族に感情移入していく科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ(新木優子)。真実を追い求めるあまり“暴走”する真野に巻き込まれて結局は手伝わされるはめになる。

真野とは逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平(船越英一郎)。部下や科捜研の真野らにきつく当たるが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情も。そんな虎丸は真野が事件に隠されている真実を求め奮闘する姿を見て心が動かされていき……。

そんな同ドラマで、岡崎紗絵(水沢英里役)は、錦戸と同じ科捜研法医研究員の同僚役として出演。科捜研の仕事がハードなため、早く結婚して退職したいと思っているという役どころだ。プライベートを充実させるため、できるだけ定時で帰りたいが、錦戸演じる真野が勝手なことをするせいで仕事が増え、迷惑している。
 

岡崎紗絵の月9出演のコメント

「今回月9に出演させて頂く事になり、初めてでとても光栄に思います。また素晴らしいキャストの皆さんとご一緒させて頂くので、気を引き締めて精一杯頑張ろうと思います」と意気込み。

今回の役どころについては「科捜研の役は初めてですが、昔から様々なドラマで科捜研の役を見ていて事件解決に重要な役どころだと思っていて、私も今から演じられる事にワクワクしています!」と胸を弾ませた。

「科捜研の研究員の方は事件解決に向けて小さな事でも見逃さない観察力が必要だと思うので、私も日頃からその力を高められるよう細かいところまで観察するように意識しています。少しでも英里に近づけるよう頑張ろうと思います!」と役作りについて語った。
 

岡崎紗絵の理想の女優としてのカラーは?

「女優としてどんな色で輝きたい?」と聞くと

「何色にでも染まれる透明です。自分から放つ色も大事ですが、今は与えられたどんなものにも染まりたいです。モデルのお仕事も洋服やテーマによって発信するカラーは変わりますし、お芝居も役ごとに放つ色を変幻自在に変えていきたい。透明感ある女優になって、いろんな色を放ちたいです」

岡崎紗絵のプロフィール

名 前:岡崎紗絵
生年月日:1995年11月2日(23歳)
出身地:愛知県
血液型:B型
身 長:164cm

事務所:ティートライブ エンターテイメント

2012年8月~2015年4月号までセブンティーン専属モデル

2015年7月、映画「脳漿炸裂ガール」でスクリーンデビュー

2016年3月、「Ray」(主婦の友社)5月号から同誌専属モデルとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました