スポンサーリンク

「主治医が見つかる診療所」太らない揚げ物の食べ方とは?老化防止にもつながる方法

鶏のから揚げ健康情報

4月16日、主治医が見つかる診療所では、太らない揚げ物の食べ方が紹介されました。

美味しい揚げ物ですが高カロリーなため太りやすい?でも、食べ方を工夫すれば大丈夫なんです。

太りにくく老化予防にもつながる、揚げ物の裏ワザとは?

揚げ物を食べるときに心がけたいこと

揚げ物を食べても、太らないようにするには、3つのポイントを心がけましょう!

・食物繊維豊富な野菜と一緒に食べること

・食べる時間帯を工夫すること

・できるだけ揚げたてを食べること

では、ひとつづつ解説していきますね>

食物繊維豊富な野菜も一緒に食べること

揚げ物を食べるときは、食物繊維の豊富な野菜やきのこや海藻も一緒に食べましょう

食物繊維を一緒に摂ると、脂肪の吸収を抑制してくれます。消化吸収がゆるやかになれば、血糖値の上昇も緩やかになり太りにくくなります。

また、食物繊維は余分な脂質を排出してくれます。

 

とんかつにはキャベツの千切りがつきものですが、これは理にかなっていますね。生で食べることで、酵素も摂ることができます。

せっかくなのでとんかつを食べる前に、キャベツの千切りから食べ始めることをおススメいたします。

酵素ということであれば、大根おろしやレモンというビタミンCが加わると吸収率がアップします。また、油をエネルギーにするためにはビタミンB2が必要になります。ビタミンB2は肉や魚、チーズなど動物性食品に多く含まれています。

食べる時間帯を工夫すること

高カロリーな揚げ物を食べても太りにくくするには、食べる時間帯を工夫する必要があります。

揚げ物を食べてもエネルギーにしてしまえば体脂肪になる確率が減ります。つまり、夕食ではなく効率的に燃やすには昼食に食べるのがいいのです。

朝食は寝起きなので脂っこいものは胃に負担がかかります。

夕食ではカロリーが高いので、エネルギーに変換されなかった分は体脂肪として蓄積されやすくなります。

つまり、エネルギー変換が盛んな昼間に食べるなら、それほど罪悪感を持たなくてもいいということになりますね。

できるだけ揚げたてを食べること

油は時間が経つと酸化します。酸化した脂は体によくありません。

できるだけ自分で上げるか、揚げたての物を買うようにしましょう。

 油の種類

酸化しにくい油や、体脂肪になりにくい油をご紹介します。

酸化しにくい油オリーブ油

キャノーラ湯

紅花油

体脂肪になりにくい油ココナッツオイル

 少量の油で調理する

たくさんの油で調理するのではなく、少量の油で焼き揚げ的な調理がオススメです。

油が少ないと後処理も簡単ですよね!

「主治医が見つかる診療所」フライドポテトの吸油率を下げる切り方
4月16日、主治医が見つかる診療所では、太らない揚げ物の食べ方が紹介されました。油のコントロール法は油の吸油率を考えて!太りにくく老化予防にもつながる、揚げ物の裏ワザとは?フライドポテトの吸油率を下げる切り方とは?
「主治医が見つかる診療所」オメガ3と6はバランスが大事!未開封なら冷凍庫?
4月17日「主治医が見つかる診療所」ではオメガ3とオメガ6のバランスが大事なんです。オメガ3、オメガ6の効能や理想の比率、開封と未開封でのおススメの保存場所もご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました