「たけしの家庭の医学」イワシの健康効果と効果的なレシピ!

5月14日テレビ朝日系、たけしの家庭の医学では5月の旬食材が医食旬材として取り上げられました。それは「イワシ」。旬の時期のイワシは少ない時期に比べてEPAが7倍、DHAが1.5倍と健康効果が高いとか。
イワシのDHA,EPAを効果的に摂るレシピが紹介されました。

スポンサーリンク

5月の医食旬材は「いわし」

今回番組で紹介された医食旬材は「イワシ」です。

医食旬材とは薬に勝るとも劣らない栄養パワーを持った「旬の食材」のこと。

イワシにに含まれるDHAやEPAには血糖値を下げて血圧を低下させる働きがあり、脳卒中や心臓発作など血管の病のリスクを低減させる効果が期待できます。

旬の時期に獲れるイワシに含まれるEPAは少ない時期の7倍、DHAは1.5は倍にもなります。
こんな人にオススメ!
✓血圧が高めの方
✓血糖値を気にする方
✓血管の老化が気になる方

スポンサーリンク

イワシのお勧めの調理法

刺身

生の刺身で食べるとEPAやDHAを逃さず摂ることが出来ます。
薬味に抗酸化作用の高いにんにくやショウガを使うといいでしょう。

イワシの漬け丼の作り方
<材料>
いわしの刺身
ご飯      適量
海苔       適量
しょうゆ 100cc
みりん   10cc
生姜       少々
ニンニク 少々

イワシのホイル焼き

ホイル焼きにすることで、栄養たっぷりのイワシの脂が封じ込められ、野菜が脂を吸ってくれます。旬のイワシにはカルシウムも豊富です。クエン酸の多いレモンを絞るとカルシウムの吸収を高めてくれます。

<材料>
いわし 2尾
人参    10g
小松菜 10g
玉ねぎ 30g
しめじ 20g
塩コショウ 少々
バター 10g

<作り方>
1.アルミホイルの上に野菜を乗せ、開いたイワシを置く。
2.アルミホイルで包んでフライパンなどで蒸し焼きにする。

5月20日、TBS系「名医のthe太鼓判」ではイワシが血管年齢を若返らせるとのこと。 血管が硬いと血管事故が起こりやすいそうです。血管...
5月14日、たけしの家庭の医学では「コレステロール」が取り上げられました。 健康診断ではわからない「隠れ悪玉コレステロール」「レムナン...
5月14日たけしの家庭の医学では「けいれん性便秘」」の改善法が紹介されました。 けいれん性便秘かどうかのチェック方法もお知らせします。...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする