「パーフェクトワールド」ドラマ主題歌と第1話ロケ地ネタバレ

4月16日より毎週火曜21時から関西テレビ・フジテレビ系にて放送開始されるドラマ「パーフェクトワールド」。

有賀リエ原作によるTVドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌が、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手がける菅田将暉の新曲「まちがいさがし」に決定した。「まちがいさがし」は、ドラマの第1話内にて初解禁される。

第1話のロケ地やネタバレも・・・

スポンサーリンク

主題歌「まちがいさがし」

菅田将暉コメント

ドラマの河西秀幸プロデューサーから主題歌のオファーを受けていた菅田が「この曲を主題歌として起用したい」と提案し、ドラマの主題歌に採用された。

まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。
気づけば10年近くなりますでしょうか?
今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。
そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。
しかも米津玄師が作ってくれる。
正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。
ちょっと吐きそうでした。
ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。

「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。
当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。
宜しくお願い致します。

松坂桃李コメント

初めて聴いた時、歌声から菅田の作品への想いがビシビシと伝わってきました。
米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを容易に想像できるくらいピッタリだと思いました。
お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で作品作りに関わるということに
不思議な縁、巡り合わせを感じます。10年前には全く想像しなかった出来事です。
この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に撮影に臨んでいきたいと思います。

第1話 ロケ地

大宮アートグレイスウエディングシャトー(さいたま市北区)

スポンサーリンク

パーフェクトワールド 原作

2014年から連載を開始したこの作品は2016年にフランスの雑誌「Animeland」においてベスト少女漫画賞を受賞する程の人気作となりました。

ネット上のコミックレビューでは「覚悟がいる恋愛に涙がでました」、「多くの方に読んでほしい」、「障がいに対して、無意識に偏見を持っていたのを自覚させられた」、「漫画のようにうまくいく事ばかりではないが、私や世間が先入観や偏見を少しでもなくしていけたらいいなと思った」といった感想が寄せられるなど、幅広い層に影響を与え、愛されている作品です!最新刊9巻は、3月13日(水)発売!
ドラマでは、オリジナルキャラクターを加えるなど、ドラマならではのストーリーをお届けします!

原作者・有賀リエさん コメント

松坂桃李さんは、新しい作品を見るたびに「すごい役者さんだなあ…」と思ってしまう、いつも次の作品を楽しみにしている役者さんでした。そんな松坂さんが樹役と聞いた時は、嘘じゃないだろうかと信じられなかったです。きっと樹の内面はもちろん、脊髄損傷の細かい仕草も丁寧に表現してくださるだろうと、安心感と期待でいっぱいになりました。

山本美月さんは、その可愛さはもちろん演技が前から大好きで、特に涙を流す時の表情が頭に残って離れない女優さんでした。山本さんに決まった時は本当に嬉しかったです。笑顔や涙の仕草が、つぐみのイメージにぴったりと重なっていくのを感じました。

私もドラマのスタートを楽しみにしています!

スポンサーリンク

パーフェクトワールド 第1話 ネタバレ

学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は、“卒業したら長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務として働いている。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は坂の上の公園に連れ出す。そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気づく。そしてひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。

約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。高校時代から密かにつぐみに想いを寄せている洋貴は、しおりから、つぐみが樹と出かけたと聞いてショックを受ける。しかしその頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車いすで外出することの大変さを思い知らされていた。さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、この先はもう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑ってしまう。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージも。その矢先、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれた樹は…。

カンテレHP「パーフェクトワールド」より参照

2019年4月16日(火)21時からカンテレ・フジテレビ系で放送スタートの春ドラマ「パーフェクトワールド」。 有賀リサのラブコミックを...
ドラマ「パーフェクトワールド」松坂桃李主演(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が、5月20日(月)に東京・豊洲PITでスペシャルイ...
4月16日より関西テレビ・フジテレビ系にて放送開始されたドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜21時から)。 主演の松坂桃李が台本を...
ドラマ「パーフェクトワールド」4月16日に始まりました。原作は有賀リエさんの漫画です。 実写映画化に続いてのドラマ化です。原作の漫画も...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする