スポンサーリンク

横浜流星はじこいでピンク髪に!高校はどこ?

男優

横浜流星がピンク髪の不良高校生にになった!

2019年1月スタートのドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじこい)(TBS系)で、横浜流星は深田恭子演じる主人公・春見順子に想いを寄せるイケメン高校生・由利匡平役。

横浜流星の高校はどこなのでしょうか?調べてみました。
 

初めて恋をした日に読む話

深田恭子主演ドラマで横浜流星が衝撃のピンク髪披露!

深田京子演じる春見順子との四角関係を演じるひとりが横浜流星で、中村倫也、永山絢斗と恋のライバル関係になる。
「初めて恋をした日に読む話」は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子がタイプの違う3人の男性からアプローチされるというラッキー・ラブコメディーです。

隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画のドラマ化。
横浜流星は順子の指導のもと東京大学合格を目指す不良高校生・由利匡平役で、髪の毛をピンクにして登場、これがなかなか似合っています。
 

横浜流星のプロフィール

本 名:横浜 流星(よこはま りゅうせい)
生年月日:1996年9月16日(22歳)
出身地:神奈川県横浜市
身 長:174cm
血液型:O型
趣 味:音楽鑑賞
特 技:極真空手(中学3年の時に世界大会で優勝)
事務所:スターダストプロモーション

経 歴

2011-2012年の「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系)で俳優デビュー

2014-2015年の「烈車戦隊トッキュウジャー」(テレビ朝日系)にトッキュウ4号/ヒカリ役でレギュラー出演

「トッキュウジャー」では“けん玉が得意でクールな気分屋”という役回りで注目を集めた。

2018年は「honey」に平野紫耀の友人役で出演したほか、主演映画「兄友」「虹色デイズ」、出演映画「青の帰り道」も公開された。

2019年は「愛唄-約束のナクヒト-」(1月25日公開)、「チア男子!!」(5月公開)と2本の主演映画に加え、出演映画「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」(3月21日公開)も控える。

流星という名前の由来

「自分に自信が持てるものをもって輝いて欲しい」と両親が付けてくれました。

僕が生まれた時に、流れ星が流れたそうです。
 

横浜流星の中学、高校はどこ?

横浜流星は出身は横浜市ですが、生まれて数か月で埼玉県に引越されたそうです。

中学は埼玉県の松伏第二中学校という学校なのですが、プロゴルファーの石川良選手の出身中学でもあるそうです。すごい中学校ですね。

横浜流星は小学校6年生の時に、家族と一緒に原宿をブラブラしていたところをスカウトされたそうです。

しかし、当時は極真から手に力を入れていたので、すぐには芸能界には進みませんでした。

そのご、高校に進学しましたが、高校の学校名は公表されていませんが、芸能界での活動も視野に入れたのか?芸能活動もしやすい日出高校に進学されてという噂が有力です。

俳優の高杉真宙と同級生だったという噂もあります。

ふたりとも戦隊ものの作品に出演されていたこともあり、今も親友だそうです。

ちなみに、日出高校の芸能コースの偏差値は42とのこと。

横浜流星の大学はどこ?

横浜流星は芸能活動に専念するため、大学へは進学しませんでした。

当初は進学するつもりでいたそうですが、高校3年生の終わりごろに列車戦隊トッキュウジャーへの出演が決まり、進学や辞めて芸能活動に専念することにしたそうです。

横浜流星の出演情報をテレビ・映画・雑誌などご紹介!
2019年の冬ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじ恋)(TBS系)や2019年3月に公開された映画「L・DK」などで大ブレークした横浜流星。 そんな横浜流星の出演情報をテレビ・映画・雑誌などご紹介します。   横浜...

コメント

タイトルとURLをコピーしました