福士蒼汰『旅猫リポート』

作家・有川 浩さんのベストセラーであり、多くの猫好きを魅了した『旅猫リポート』が、ついに実写化。人と猫との境界を超えた関係性を描くこの作品で、主演の福士蒼汰”>福士蒼汰が、ナナ役のトムくんとの共演で築いた絆とは?

スポンサーリンク

福士蒼汰『旅猫リポート』


ZIPでのコメント

スポンサーリンク

『旅猫リポート』あらすじ

元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。

「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」 悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。

強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。 旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

■原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)

■出演: 福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ 広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介 前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日/戸田菜穂 橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子 竹内結子

■監督:三木康一郎

■脚本:有川浩 平松恵美子

■音楽:コトリンゴ

福士蒼汰/初めての猫との映画共演にドキドキ!

小学生から高校生までの間、実家で愛犬と暮らしていたという福士蒼汰。これまで猫と接する機会は少なく、お芝居での猫との共演を果たしたのは本作が初だそうです。
「最初のうちはナナ(トムくん)との距離感にドキドキして、“猫見知り”してしまいました。抱っこしてもイヤイヤだったので、『この先、大丈夫だろうか』という思いがよぎって。
そもそも猫を抱っこすることが難しいとも考えていなかったんです。緊張がありつつのスタートでした」

“ねこのきもち”が一番難しい

「ナナは抱っこが苦手だと思っていたんですが、その抱っこの形がナナにとってはイヤなだけだったようです。ぐねぐね~と動きながら、腕の中でフィットする瞬間があって。ナナが体を委ねてくれやすい力加減とか、なんとなくわかってきました」

ふつうに抱っこをしても、日によってはイヤなこともある。そういうときは、肩にのせて抱っこをしたり、赤ちゃんみたいに抱っこをしてみたり。犬とは違う関係づくりは、試行錯誤の連続!

「やっぱり“ねこのきもち”が一番難しいです!(笑)」

猫は人のやさしさを引き出してくれる存在

福士蒼汰は、人にとっての猫とは、「家族でもあるし、人間のやさしさを引き出してくれる存在」と感じたと言います。

「猫が好きな人が集まれば、人同士で仲よくなれる。猫の存在が、人と人をもつなげてくれるんだと思いました。この作品では、猫と人、人と人との関係がしっかり描かれて、そのすべてが愛情でできています。猫との接し方、大事な人との接し方を見つめ直す。ご覧いただいた方にとって、そんな機会になれば嬉しいです」

スポンサーリンク

福士蒼汰のプロフィール

生年月日:1993年5月30日(25歳)
身 長:183cm
出 身:東京都
血液型:O型
事務所:音研

2011年1月、「美咲ナンバーワン‼」にて俳優デビュー

同年9月より「仮面ライダーフォーゼ」の主人公である如月弦太朗役でテレビドラマ初主演

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする