本木雅弘は婿養子!内田也哉子と結婚馴れ初めは?

元アイドルグループ「シブがき隊」のモックンこと本木雅弘。現在はテレビや映画、CMで活躍していますね。9月15日に亡くなった樹木希林さんの長女、内田也哉子と結婚し婿養子になっていますが、10歳年齢が離れていますので、馴れ初めが気になりますね。どんな出会いだったのか調べてみました。

スポンサーリンク

本木雅弘のプロフィール

本木 雅弘(もとき まさひろ)
戸籍名・内田 雅弘(うちだ まさひろ、旧姓・本木)
生年月日:1965年12月21日
出身地:埼玉県桶川市
血液型:A型
身 長:174cm
体 重:68kg。
愛 称:「モックン」「すばる」
趣 味:作詞、チェロ

所属事務所: メンズアート(個人事務所)
義父はロックミュージシャン内田裕也
義母は女優の樹木希林

2009年「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞

本木雅弘/シブがき隊

https://middle-edge.jp/articles/9Pc56

1981年TBSドラマ「2年B組仙八先生」でデビュー。

1982年にアイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として、布川敏和(フックン)、薬丸裕英(ヤックン)とともに、シングル「NAI・NAI 16」で歌手デビューしました。

1988年シブがき隊を解隊後、俳優活動を開始。

翌年、映画初出演ながらトップアイドルのイメージを覆す演技を見せ、現在ではドラマや映画で活躍中です。

スポンサーリンク

本木雅弘は婿養子

農家の次男である本木雅弘は1995年に、内田裕也(77)と樹木希林(74)の一人娘である内田也哉子(41)と結婚、内田家の婿養子になりました。
樹木希林さんが「内田の姓を残したいから婿養子になってほしい」とお願いしたからです。

内田也哉子は一人娘ですから、婿養子でなければ内田の姓が途絶えてしまいます。本木雅弘は、これを快諾し、今の本名は内田雅弘なのです。


スポンサーリンク

本木雅弘と内田也哉子の馴れ初め

本木雅弘と内田也哉子の出会いは、1992年の映画「魚からダイオキシン!!」で内田也哉子の父である内田裕也と本木雅弘が共演したことがきっかけ。
当時、内田裕也と樹木希林は別居しており、内田也哉子が内田裕也と食事をするときにたまたま本木雅弘さんが同席していたそうです。

その後、本木雅弘が海外の映画賞を取材する番組に行った際に、通訳として内田也哉子が同行しました。当時、本木雅弘25歳、内田也哉子15歳でした。

出会った当初は、本木雅弘は内田也哉子のことを恋愛対象には見ていませんでした。10歳も離れていますから、まだ子供のように思えたのでしょう。

しかし本木雅弘は、 17歳になった内田也哉子を見て、ルックスは若いのにしぐさや佇まいが大人っぽくてアンバランスな感じに惹かれロマンチックなプロポーズをしたそうです。

プロポーズした時の本木雅弘は27歳で、内田也哉子は17歳でしたが、内田也哉子が当時留学中だったため、しばらくの間文通で愛を育み、その2年後に結婚したそうです。

本木雅弘と内田也哉子の子供は?

1997年に長男・雅樂(うた)、1999年に長女・伽羅(きゃら)、2010年に次男・玄兎(げんと)の3児を儲けました。

本木雅弘は、結婚後、樹木希林さんの「年齢の幅の広い家族は子供にいい影響を与えるから、一緒に住まない?」という提案を受け入れ、 2世帯住宅で生活をしています。

本木雅弘と樹木希林で建てた渋谷区内の総工費7億円の豪邸。 1階に樹木希林さん、2階に本木雅弘と内田也哉子夫婦が暮らしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする