スポンサーリンク

刻み冷凍エノキでダイエット!作り方やダイエット効果を伝授

エノキタケ生活・美容・料理

エノキタケで「簡単にダイエットできる!?」とかつて大ブームをもたらした「エノキ氷」。
でも作るのにちょっと手間がかかりました。

その難点をなくしたのが「刻み冷凍エノキ」です。

エノキタケのダイエット効果や、刻み冷凍エノキの作り方やレシピをお知らせします。

エノキタケのダイエット効果

安くて栄養満点なエノキタケにはこんな特徴があります。

ストレス解消の効果が期待できるGABA

免疫機能を高めるともいわれるβ‐グルカンも豊富

キノコキトサン」という食物繊維の一種を含む

キノコキトサンは脂肪の吸収を抑える働きがあるため、ダイエットの効果も期待できます。

しかし、この「キノコキトサン」、エノキタケの細胞壁が非常に硬いため、普通にそのまま食べるだけでは、その成分をあまり吸収することができません。

そこでこの「キノコキトサン」を普通に食べるよりも多く摂取できる、手軽な方法として「刻み冷凍エノキ」の作り方を紹介します。

刻み冷凍エノキの作り方

エノキタケを1cmほどに切り、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍するだけ

これだけで、細胞壁が壊れるため、普通に食べるよりダイエット成分であるキノコキトサンを「2倍多く」摂取できるといいます。

 

Point冷凍する際、空気を抜くこと

エノキタケの食物繊維「キノコキトサン」は水に溶けやすいという特徴があるため、冷凍する際、空気がたくさん入っていると結露してしまうため、成分が弱くなってしまいます。

空気の抜き方

ジッパー袋にエノキタケを入れたら、水を貼ったボウルに漬けると、圧力で空気が抜けやすくなります。

エノキタケの効果的な摂取量

1日50~100g程度を目安に摂取するとよいでしょう。

新鮮なエノキタケの選び方と保存方法

エノキタケって手軽ですが傷みやすいと思いませんか?

新鮮なエノキタケを見極めて買って、使い切らずに残ったときはきちんと保存しましょう。

 新鮮なエノキタケの選び方

・軸が真っ白なもの

・傘の形が丸いもの

 保存方法

冷蔵庫にしまうときには、野菜室よりも温度が低い「冷蔵室」がオススメ

温度が8度よりも高いとエノキタケが成長してしまう可能性があります。
野菜室は8度以上の可能性があるため、温度の低い「冷蔵室」がオススメです。

余ったエノキを冷蔵庫に再びしまうときは「ラップ」するのがオススメ

空気が入らないようすることで、成長が抑えられます。

刻み冷凍エノキのレシピ!万能エノキあんかけも
キノコキトサンという食物繊維が豊富なエノキタケ。その栄養成分を効果的に摂取するために「刻み冷凍エノキ」にするといいという。その刻み冷凍エノキの活用レシピをお知らせします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました