スポンサーリンク

「主治医が見つかる診療所」不整脈から心房細動にならないためには?

心電図健康情報

3月12日、主治医が見つかる診療所では、日本人のふたりに1人がなっている病気である不整脈を取り上げました。

不整脈は突然死の恐れがある心臓病です。不整脈から心房細動になり、脳梗塞になる危険が高まります。危ない不整脈の見分け方とは?

不整脈とは?

不整脈とは脈の打ち方が乱れること。

不整脈には3種類あります。

脈が速くなる(頻脈)

脈が遅くなる(徐脈)

脈が不規則になる(期外収縮)

不整脈から進行する病気とは?

 心房細動

心房細動とは心臓の心房という部分がけいれんし、脈拍が異常に早くなる病気です。

脳梗塞のリスクが5倍以上になります。

心房細動でできる血栓(血の塊)は突然できるので、血栓が脳の血管に詰まると脳梗塞になります。

不整脈から心房細動になる危険な習慣とは?

運動中に水分を摂らなかった

毎日、を飲んでいた

運動中に水分を摂らないと、血液の量が減ってしまいます。
減った血液を循環させるため、脈が速くなり心房細動のリスクを上げます。

アルコールは不整脈を誘発するため、心房細動を起こすリスクが高まります。

不整脈かどうかの確認のやりかた

日頃から脈を測って異常を早くに気付けるようにしましょう。

手首の動脈で脈を測ります。

脈の測り方人差し指と中指で炊く日の動脈を軽く押さえます。

15秒脈を数え4倍すれば1分間の脈拍がわかります。

50~100回なら正常

100回以上なら不整脈(頻脈)

50回以下なら不整脈(徐脈)

脈が不規則なら不整脈(期外収縮)

「主治医が見つかる診療所」きくらげで免疫力アップ!花粉症やがん予防、骨粗しょう症予防にも?
3月13日、主治医が見つかる診療所では免疫力のアップやアレルギーの予防、がんの予防効果も期待できるというきくらげの健康効果が紹介されました。免疫力アップし、花粉症改善、がん予防、骨粗しょう症の予防にもなるという。栄養素が摂れる究極の料理もご紹介します。
「主治医が見つかる診療所」甲状腺異常バセドウ病を見極めるには?
3月12日、主治医が見つかる診療所では甲状腺異常が取り上げられました。甲状腺異常はホルモン異常です。甲状腺異常は症状があっても病気とは気が付かないことがあるので、日頃からの適切なチェックが大切です。チェック方法もご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました