スポンサーリンク

花粉症対策はみかんの皮とヨーグルトで乗り切る!

健康情報

皆さんは花粉症対策どうされますか?

愛媛大学農学部で『みかんの皮』と『ヨーグルト』を同時に摂取すると、花粉症の症状が和らぐという研究結果が出たそうなのでご紹介します。

なぜ花粉症になるの?

(引用 監修:愛媛大学 菅原卓也教授)

花粉症の人は花粉に反応するタンパク質・IgEを持っているそうです。血液中の濃度がある一定以上になると反応を起こすとか。

花粉症になるかどうかは、花粉と反応するIgEを、白血球(リンパ球)がどれくらい作ってしまうかどうかなんです。

さらに、そのIgEが別の白血球にくっついてしまい、そこに目や鼻から花粉が体に入ると反応がおこって、ヒスタミンを放出してしまうんです。

ヒスタミンとは鼻水やくしゃみの原因となる物質です。

みかんの皮の成分が刺激をブロック

仮にIgEをたくさん持っていたとしても、細胞が受ける刺激を弱めてヒスタミンの放出を抑えてやると症状は緩和されます。

ミカンの皮にある「ノビレチン」という成分が刺激をブロックし、ヒスタミンの放出を抑えてくれます。

ヨーグルトも同じような効果があった

(引用 監修:愛媛大学 菅原卓也教授)

みかんの皮もヨーグルトも刺激をブロックしてくれるそうですが、単独でも効くけれど、刺激をブロックしている箇所が違うので、同時に摂った方がはるかに効果的だそうです。

みかんの皮に含まれている「ノビレチン」と、乳成分の「βラクトグロブリン」を一緒に摂取すると相乗効果が期待できるといわれています。

 

1日にどのくらい摂ればいいの?

花粉症に効果が期待できるのはノビレチン摂取量は大体1日0.5ミリグラム

ミカンの皮だと1〜2個。

ヨーグルトは150ccくらい。

マウスの実験だと症状を引き起こす1時間前に飲めば効いたそうなので、人間でも1〜2時間前に飲めば効く可能性が高いそうです。

でも、ヨーグルトは手軽に食べられるけど、みかんの皮はなかなか食べにくいですよね。普通、みかんは食べても皮は剥いちゃいますからね。

ノビレチンはみかんの実には含まれていないので、効果を得るには皮を食べるしかない。

そこで皮ごとミキサーにかけてしまう方法があります。ヨーグルトを入れてもおいしそうです。

ただ、みかんを皮ごとミキサーにかける場合、みかんの皮の表面にワックスがかかっていたりすると気になりませんか?

食べる前にみかんをゴシゴシ洗うしかない!

でも、手軽にみかんの皮が摂れる商品を見つけたので、ご紹介します。

 

 

まとめ

花粉症対策はできれば薬を使わずに対処したいもの。

みかんの皮とヨーグルトを同時に摂ると花粉症対策として相乗効果があるとのこと。みかんの皮は果肉ごとジュースにすると摂りやすいそうです。

でも、皮のワックスが気になるので、手軽にみかんの皮が粉末になっている商品を使うのもいいですね。

なお、ヨーグルトを摂る場合、胃が酸性に傾いている空腹時ではなく食後に摂った方が、乳酸菌の働きが活発になって良いそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました