スポンサーリンク

「あさイチ」インナーマッスルトレーニングで腰痛・肩こり・ぽっこりお腹が改善!

あさイチ

11月6日NHKあさイチではインナーマッスルのトレーニング方法が紹介されました。

インナーマッスルは腰痛や肩こり、ぽっこりお腹はもちろん、正しい姿勢の保持や高齢者の転倒などに関係があります。

インナーマッスルとは?

インナーマッスルとは体の内部にある筋肉のことで、骨や内臓さらには外側の筋肉(アウターマッスル)まで支える役割を持ちます。

主なインナーマッスルとして次のような筋肉があります。

・腹横筋(ふくおうきん)
菱形筋(りょうけいきん
・骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

腸腰筋(ちょうようきん)

インナーマッスルは腰痛や肩こり、ポッコリお腹や正しい姿勢の保持や高齢者の転倒など、さまざまな事柄と関係あることが、最新の研究でわかってきまいた。

インナーマッスルのチェック方法

病院に行ってレントゲンをとっても、骨や神経に異常がみられない原因不明の腰痛

実は腰痛の多くは原因不明が多いそうです。

インナーマッスルを正しく使えていないことで、アウターマッスルに負担がかかって炎症が起き、それが痛みの原因であることがあります。

インナーマッスルが正しく使えているかどうかを簡単チェック!

両手両膝を付いて、片足を挙げるポーズをとります。

1、四つん這いになり、片足を上に上げる

2、続いて反対側の足を上げる

これを骨盤が動かないように意識しながら交互に繰り返します。

インナーマッスルがきちんと働いている人は難なくできますが、腰がぐらつくとか骨盤がかたむく方は、インナーマッスルを正しく使えていない可能性があります。

インナーマッスルを鍛えて腰痛対策

原因不明の腰痛対策は、動作の直前に腹横筋というインナーマッスルを動かすことで改善できるそうです。

ポイントは「お尻の穴をすぼめる」ように意識すること。

ほんのちょっと意識を変えるだけで、腰痛が予防できるそうです。

インナーマッスルを鍛えて肩こり解消

肩こりは菱形筋(りょうけいきんなどのインナーマッスルがうまく働かないことで、僧帽筋(そうぼうきん)などのアウターマッスルで炎症がおき、痛みを引き起こしていまう。

対策は、インナーマッスルをほぐし、正常に働く状況にすること。
おすすめの体操が2つあります。

「ギューストン」

両肩を思いきりギューっとあげ、ストンと一気に脱力します。

1日3往復を目安に行います。

Point筋肉を使う⇒リラックスする

を繰り返すので、肩の緊張をほぐすのに効果が期待できます。

「肩甲骨クローズ」

手のひらを内側に向けるように腕を上げます。
3秒ほどかけて、手のひらを外側に向けながら腕を下げます。

1日10回を目安に行います。

インナーマッスルを鍛えてぽっこりお腹を解消しよう

「食事制限してもへこまない・・・」
「出産後に体型が戻らない」

そんな体型のお悩みも、実はインナーマッスルが関係しているかもしれません。

その筋肉の名は、「骨盤底筋群

脂肪や内臓を下から支えるインナーマッスルですが、これがゆるんでしまうことで、脂肪や内臓が垂れ下がると、ぽっこりお腹になりやすいんです。

骨盤底筋群のトレーニングも実は簡単!
女性は膣を、男性は肛門と性器の間あたりを持ち上げるイメージです。

イメージとしては、尿を止める時の感覚です。

これを呼吸を止めないように意識しながら、10秒間キープします。

Pointお腹(腹筋)に力をいれないように要注意です

普段の生活の中で自然と出来るようになると、ぽっこりお腹の解消に効果が期待できるそうです!

ケア・ピラティスで長寿を目指せ!

歳がかさむと背中が丸くなり、姿勢が悪くなりやすい。

姿勢をよくして元気な足腰を取り戻すトレーニングがケア・ピラティスなんです。

用意するのは、いすと柔らかいボールだけ。100円均一にあるようなボールで大丈夫です。
もし、ボールがなければ、タオルでも代用できます。

ケア・ピラティスのやり方

1.背もたれと背中の間にボールを挟み、曲がった背骨を伸ばすように、反りかえります。
このとき、ゆっくり深呼吸をして、肋骨を左右に広げることが大切です。

 

2.次は、ももにボールを挟んで、片足ずつ交互に持ち上げます。
このときも深呼吸。姿勢を正し、腹部を意識して、ゆっくりと行ってください。
太ももの付け根にある「腸腰筋」を鍛えることで、元気な足腰を取り戻します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました