スポンサーリンク

「主治医が見つかる診療所SP」体の中のサビを防ぐにはナスが有効だった!

主治医が見つかる診療所

9月5日、テレビ東京「主治医が見つかる診療所SP」では老化の原因は体の内のコゲサビ
心筋梗塞や脳卒中、認知症にもつながるとか。体のコゲとサビを防いで健康を維持しましょう!

サビはアルコールをたくさん飲んだり、ストレスがあると増えてしまします。こちらではサビについてご紹介します。

アルコールをたくさん飲むのはNG

アルコールを分解する際、活性酸素ができてしまうので体がサビてしまいます。

散歩をする時は紫外線対策をしっかりする。

精神的なストレス

酸化ストレスとは人が酸素を吸ってエネルギーを作る際に細胞が受けるストレスのこと。
ストレスがあると酸素がうまく使えず、活性酸素が増えてしまします。

サビ防止食品とは?

夏と秋の生産量が群馬県が第1位のサビを防ぐ食材とは? なすだった!

ナスのサビを防ぐ成分は、どの部分に多く含まれているのでしょうか?
ナスには皮と実の両方にサビを防ぐ成分があります。

サビを防ぐ成分にはナスニンというポリフェノールが含まれます。
ナスニンは水に溶けやすいので、水にはさらしません。
にはクロロゲンサンが血糖値の上昇を抑制したり、細胞のがん化を抑制します。

ナスのナスニンとクロロゲンサンを逃さない調理方法とは?

炒めて表面をコーティングすると、サビを防止する成分が逃げにくい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました