スポンサーリンク

梅酒の作り方/ブランデーとはちみつで美肌・健康効果も高くまろやかに!

料理

手作り梅酒の季節になりました。ホワイトリカーが一般的ですが、今年はブランデーで作ってみませんか?氷砂糖をハチミツに変えるのもいいですね。

はちみつ梅酒はさらりとしたまろやかな酸味で、ビタミン、ミネラル、酵素が入った美肌、健康効果の高い梅酒になります。
 

ブランデー梅酒の作り方

保存ビンは予めよく洗い、熱湯などをかけて消毒してよく乾かしておきましょう。

材料 4リットル容器1本分

青梅1kg
梅酒用ブランデー1800ml
はちみつ400〜600g

※青梅は黄色く熟した梅でもOK。
※ブランデーはホワイトリカーでもOK。
※はちみつでなく氷砂糖や他の砂糖でもOK。

はちみちを使うとにごるのは、有効成分や花粉などの栄養が関係しています。

作り方

1.梅は傷をつけないように優しく洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り、竹串でヘタを取る。

2.清潔な保存ビンに梅・はちみつを交互に入れ、ブランデーを注ぎ、フタをして冷暗所に置きましょう。直射日光は厳禁です。

3.漬け込み後、2週間くらいは毎日1回瓶を揺すってよく混ぜてください。

※1〜3ヶ月くらいから飲み始められ、何年でも保存できます。
1年経ったら梅を引き上げましょう。
 

材料のこと

梅選び

梅はなるべく傷のないものを選びましょう。

梅酒は、青梅を使って作るのが一般的ですが、黄色く熟した梅でも作れます。
黄色い梅で作ると、コクのある深い味になり、青梅を使うと、すっきりとした爽やかな味に仕上がります。

お酒選び

アルコール度数が35度以上なら、梅酒を作ることができます。

梅酒作りではホワイトリカーが一般的です。ホワイトリカーを使うと、クセのないすっきりとした味の梅酒が出来ます。

梅酒用ブランデーで作るとコクのある味に仕上がります。梅酒用ならお値段的にもさほど変わりがないので、私は梅酒用ブランデーで作る方が好みです。

もちろん普通のブランデーなら、なお美味しくできることでしょう。

また、本格焼酎で作ると、焼酎の個性が出るので、面白い出来上がりになるそうです。
本格焼酎で作る場合は、あまりクセのないものを選ぶのがお勧めです。

砂糖選び

一般的には氷砂糖が使われます。今回は健康効果を考えて、はちみつを使ってみました。

普通の砂糖を使うこともできますが、氷砂糖を使うのには訳がありました。

それは、梅のエキスを抽出するのに、氷砂糖がじわじわ解けていくのが適しているからなのです。浸透圧を考えてのことだったんですね。

はちみつだとどうなのだろうか?と、調べてみると、はちみつは液に溶けにくいそうです。
つまり、氷砂糖と一緒と考えてOKですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました