滝沢秀明 火山探検の費用は?マグマに大接近できる溶岩湖はどこにある?

来年からはジャニーズのプロデューサーとして活動することとなったタッキーこと滝沢秀明。そんな滝沢秀明には「火山探検家」という予想外の顔があります。

火山探検の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

またマグマに大接近できる溶岩湖ってどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

滝沢秀明はマグママニアで火山探検家だった!

滝沢秀明はアイドルの傍らで趣味的に火山探検家として世界にチャレンジしています。

趣味ゆえ、事務所などは関係ないため、協力者は自ら調達しアタックの日程や持ち物等の計画、交通手段の手配、荷物準備等を全て自分で行わなければなりません。

危険やハンパない労力を費やしてでも、火山探検に魅力を感じている理由とは、なんなのでしょうね?言葉にするなら「地球の内部を見た」らしいです。

そしてその表現は「見た者にしかわからない感動」だと言っていました。

火山を生で見たことがある人は少ないと思います。

火山はきっと、人を崇高させるような圧倒的なものであり、その魅力は人を強く惹きつけるのでしょう。

スポンサーリンク

火山探検の費用はどの位なのでしょうか?

自前のMy火山装備を持っているほど。
その火山装備の費用はいくらくらいなのか?

また、火山を見に行くのにはどのくらいの費用がかかるのか?調べてみました。

(行く土地やアタックの難易度によって変わってくるかと思われますが・・・)

初期投資

オートキャップ用品一式  =50万円
クライミング用品一式   =50万円
その他専用品(ガスマスク等)=10万円
カメラ等の状況記録機器  =50万円

滞在、活動費用(1週間)

飛行機        =20万円
荷物の輸送      =5万円
現地でのタクシー代  =5万円
現地ガイド      =5万円
ポーター報酬     =5万円
メンバー食費   =10万円
+入山料(ある場合)等

合計費用

初期投資:160万円程度
1回旅費:  50万円程度

やはりそれなりの費用がかかりますね。

でも、思ったよりリーズナブル?
しかし、毎年何回も火山探検を行えば費用は相当かさむと思います。

費用もさることながら、突然噴火したら一巻の終わりですよね。

噴火の前兆やその可能性等の調査や知識も、自身身につけておかないといけません。

そこまでしても火山探検を続けているわけですから、よほど火山の魅力に取り憑かれたのでしょうね。

スポンサーリンク

マグマに大接近できるカルデラ「溶岩湖」の場所はどこ?

世界には5つのマグマに接近できる溶岩湖のある火山があるそうです。

ニーラゴンゴ火山 ・・コンゴ民主共和国(中部アフリカ)

マルム火山・・・・・バヌアツ共和国(南太平洋/オーストラリア東の島)

ベンボウ火山・・・・バヌアツ共和国

エルタ・アレ火山・・エチオピア(東アフリカ)

エレバス火山・・・・南極

滝沢秀明は南極のエレバス火山以外は制覇しているそうです。
5か所すべてを制覇したいとのことです。

しかし、その南極の火山は人類未踏の火山のようです。 つまり、滝沢秀明が最初の一人になれる可能性があるということです。

ぜひ最初のひとりになってもらいたいという願いはありますが、200mの断崖絶壁をロープ一本で降りるといった常に危険が隣り合わせの旅ですので、ケガや事故だけはしないよう気を付けて欲しいものです。

「鬼界カルデラ」に関する論文に名前が載る

滝沢秀明が鹿児島県の海底火山「鬼界カルデラ」に関する論文に名前が載ると話題になっています!

神戸大学の研究チームとともに調査員として現場に赴き溶岩採取を実施した、正真正銘の研究者として執筆メンバーとして記載されます。すごいことですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする