スポンサーリンク

クマのプーさん実写化キャスト「プーと大人になった僕」

エンタメ
Ewan McGregor plays Christopher Robin opposite his longtime friend Winnie the Pooh in Disney’s heartwarming live action adventure CHRISTOPHER ROBIN.

ディズニーが手掛ける「くまのプーさん」の実写映画化が、邦題を「プーと大人になった僕」として9月14日に日本公開されます。

クリストファー・ロビンと再会を果たすプーさんの姿を収めた日本版の特報映像も解禁となりました。キャストをご紹介しましょう。
 

くまのプーさん 実写化

大人になったクリストファー・ロビンが忘れた「大切なモノ」を届けるため、親友のプーさんと仲間たちが初めて100エーカーの森を飛び出してロンドンの街にやってくる姿を描く本作。

1966年に短編アニメーション「プーさんとはちみつ」で初めて映像化されて以降、映画やテレビシリーズなど数多くの作品が作られてきた“くまのプーさん”。

本作では、2011年に公開された劇場映画「くまのプーさん」で、大親友の少年クリストファー・ロビンとプーが「僕のことを忘れないって約束して」と別れた後の世界が描かれる。大人になり、ロンドンで暮らすクリストファー・ロビンが、プーと奇跡の再会を果たすことから始まる感動ストーリーだ。

クリストファー・ロビン プーさんと再会

「子供の頃の宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう―」というナレーションとともに、プーさんとクリストファー・ロビンの少年時代を描いたイラストから始まる特報映像では、ロンドンで忙しい毎日を過ごす大人になったクリストファー・ロビンとプーさんとの再会の瞬間が映し出される。

重要な仕事をまかされたクリストファー・ロビンが公園のベンチで頭を抱えていると、「クリストファー・ロビン」と声をかけられる。聞き覚えのある声の方向へ振り向くと、そこにはかつての親友プーさんがいて…。

「プーと大人になった僕」特報

 

実写版のプーさん

実写版のプーさんは、つぶらな瞳、少しお腹が出て、小さな赤いチョッキの可愛さを余すことなく表現し、フワモコな毛並みでさらにキュートさが増している。

本作の主人公は、くまのプーさんをはじめとする森の仲間たちと仲良く遊んでいた少年クリストファー・ロビンです。かつては想像力豊かな少年で、みんなと楽しく過ごしていた彼も今は成長し、仕事一徹の真面目な成人男性になってしまったという設定。

クリストファー・ロビン演じるのは?

主人公の大人になったクリストファー・ロビンを演じるのは、ユアン・マクレガー。

マクレガーは2017年に公開された『美女と野獣』にも、燭台に姿を変えられてしまった召使ルミエール役で出演しており、実写版ディズニー作品に関しては本作で2作目の出演となります。

 

クリストファー・ロビンの吹き替えは?

ユアン・マクレガー演じるクリストファー・ロビンの吹き替え声優は堺雅人決定しました。堺雅人は実写映画の吹き替えが初めてとのこと。どのように演じてくれるのか楽しみですね。

クリストファーロビンの妻役は?

クリストファーロビンの妻役はヘイリー・アトウェルです。

ヘイリー・アトウェルはウディ・アレン監督作でスクリーンデビューを果たし、その際に既に今作の主演であるユアン・マクレガーと共演していました。

その後は「キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャーズ」で、ペギー・カーターとして出演し、再ブレイク。 ペギー・カーターが主役となるドラマ「エージェント・カーター」でも主演を務めています。

監督はマーク・フォスター

監督は、ハル・ベリー主演「チョコレート」ジョニー・デップ主演「ネバーランド」などで多くの感動を届けてきたマーク・フォスターだ。

フォースターの代表作といえば、2012年公開のゾンビ映画「ワールド・ウォーZ」です。
ファンタジックな世界観をもつ作品の監督としては、一見不釣り合いな印象を持つかもしれません。

しかし2004年ピーター・パンの物語を生み出した作家を描いた映画「ネバーランド」をも監督しています。同作は現実世界で傷ついた少年が空想の世界に救いを見出すというストーリー。 つまり、夢を失ったクリストファー・ロビンを描く内容の本作もまた、フォースターの得意ジャンルだとも言えます。

ピグレットやティガー、森の仲間たち

https://twitter.com/DisneyStudios/status/989209055892680704

コメント

タイトルとURLをコピーしました