スポンサーリンク

「たけしの家庭の医学」ブルーベリーのアントシアニンが血糖値を上げにくくする

たけしの家庭の医学

7月2日、たけしの家庭の医学では血糖値をあげにくくしてくれる食材の色があるという。それは紫色で色素成分はアントシアニン、最強の食材はブルーベリーだった。1日にどのくらい食べればいいのか?効果的な食べ方などご紹介します。

紫色の食材には何がある?

紫キャベツ、なす、紫いも、ブドウ、ブルーベリー、ラディッシュ
なかでもブルーベリーが血糖値を最も上げにくくしてくれる食材なんです。

1週間にブルーベリーを200g食べている人は、糖尿病になる可能性を33%を下げてくれるそうです。

ブルーベリーは食事の2時間前に食べるのがお勧め

午前6時にブルーベリージュース入りスムージーを摂る。
(ブルーベリージュースは砂糖を加えずにブルーベリーを10分煮詰めたもの)

午前10時に10粒ほどの冷凍ブルーベリーをほおばっているとか。

午後3時にも10粒ほどの冷凍ブルーベリーをほおばる。

食事の2時間前にアントシアニンを摂取すると、食事による血糖値の上昇を抑えられると言います。
アントシアニンはインスリンの働きを高めるので、食事の1~3時間前に食べるといいのだそうです。

ご飯1杯食べると血糖値はどれだけ増える?

血糖値とは血液中の糖分のこと。
成人の体内の血液量は4L。健康な人の糖分量は角砂糖1個分とのこと。

白米1膳食べると、血液中に増える糖分の量は角砂糖15個分ですが、インスリンの働きにより吸収されるのは角砂糖1個分になるそうです。

インスリンの働きを促進してくれるのがアントシアニンなんです。

アントシアニンの効果的な摂り方

アントシアニンは加熱すると効果がっ減ってしまうので、生で食べたほうがいいとのこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました