スポンサーリンク

たけしの家庭の医学「小さな脳出血」は虫歯菌が関係していた!

たけしの家庭の医学

 
5月28日、たけしの家庭の医学では「小さな脳出血」が大出血に繋がるとのこと。
人や物の名前がなかなか出てこない人は、小さな脳出血が起きている可能性がある?

その原因は虫歯菌にあるそうです。
 

小さな脳出血とは?

小さな脳出血は、自覚症状はありませんが、脳出血が起こった過去があるのです。

小さな脳出血があると、大きな脳出血のリスクが10倍になります。

また、認知症のリスクも2倍になります。

小さな脳出血が起きているかどうかのテスト

」から始まる言葉を出来るだけたくさん言ってください。

1分間に10個以上言えればOK、10個以下だと小さな脳出血が起こった可能性があるそうです。

」を違う単語にしてテストしてみてください。

ルール

1.人名や地名など固有名詞はNG

2.「雨」と「飴」など、読み方が同じ言葉

「雨」と「雨音」など、同じ単語が重複する言葉はNG
 

小さな脳出血の原因は?

小さな脳出血が命に係わる脳の大出血に繋がるそうです。

最近の研究では、小さな脳出血は悪玉虫歯菌が影響しているとわかりました。

口腔内の虫歯菌、特に悪玉虫歯菌が血管を破壊して口腔内の傷口から侵入し、脳内の血管にまで到達してしまうのです。

しかし、虫歯経験者でも、小さな脳出血がない人がいます。その差は何なのでしょうか?
 

悪玉虫歯菌を増やさないためには?

唾液のラクトフェリンが悪玉虫歯菌を退治してくれるとのこと。

・夜中、のどが渇く人

・呑み込みが悪い人

などは、唾液の分泌量が少ないので要注意です。

唾液アップ法の口ストレッチ

3種類の働きで唾液腺を刺激し、唾液の分泌量を良くします。

耳下腺、舌下線、顎下線を刺激します。

唇ストレッチ

1.ウーと言って5秒キープします。

2.イーと言って5秒キープします

ウーイーを1セットとして、5回繰り返します。

頬のストレッチ

1.口を大きく膨らませて5秒キープします。

2.思い切りしぼませて、焼く5秒キープします。

*膨らませる&しぼませるを5回繰り返します。

舌ストレッチ

舌を大きく突き出し、左右上下とゆっくり動かします。

これを5回繰り返します。

*朝昼晩1日3回を目安に行うことで、唾液の分泌量アップが期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました