スポンサーリンク

「マツコの知らない世界」広川小夜子が紹介!軽井沢トースト(フレンチトースト)とは?

グルメ

7月2日、マツコの知らない世界広川小夜子と美愛親子が出演しました。軽井沢を隅々まで知る広川小夜子が軽井沢で今ブームとなっている絶品フレンチトースト(軽井沢トースト)を紹介しました。

広川小夜子とは?

  • 名 前:広川 小夜子(ひろかわ さよこ)
  • 出身地:新潟県
  • 職 業:軽井沢ヴィネット発行人、軽井沢新聞 編集長

広川小夜子さんは、軽井沢に関する歴史や情報、絶品グルメを40年間近く取材し、世間に発信し続けている方です。そのため、広川小夜子さんは軽井沢では「女帝」と呼ばれていて、軽井沢については隅々まで知ってらっしゃいます。

広川小夜子さんは中央大学文学部を卒業しており、卒業後は都内で写植版下・デザインの勉強をしていましたが旦那さんの都合で軽井沢に移住することになりました。

軽井沢に移住してからは、印刷会社の下請けの仕事をしたり別荘のオーナーが毎日発行していた手書きの「軽井沢新聞」の編集の手伝いをしていました。

1979年に軽井沢の高原紙『ヴィネット』を立ち上げ、現在も編集長として活躍しています。

軽井沢のブーム/フレンチトースト

軽井沢では今、フレンチトーストがブームだそうです。軽井沢は欧米人の避暑地として発展してきた歴史があり、フレンチトーストは古くから慣れ親しんできました。

朝食カフェが人気となりそこで食べるフレンチトーストを「軽井沢トースト」と呼んで紹介するブログがありそこから人気に火が付いたそうです。現在は「軽井沢トースト」という名のFacebookもあり、色々なお店のフレンチトーストが紹介されています

軽井沢トーストのfacebookはこちら

軽井沢トーストが紹介されている軽井沢新聞はこちら

「軽井沢ト-スト」の名づけ親

「軽井沢トースト」の名付け親は、軽井沢でバーを営んでいるデトロイト出身のケビン…マヤソンさん。軽井沢で出会った素敵なフレンチトーストを「軽井沢トースト」と呼び、3年前からブログで紹介しています。

今では、従来のフレンチトーストを超えた特徴あるレシピがたくさん生まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました