スポンサーリンク

「林修のニッポンドリル」 東京カレーが熱い4激戦区を調査!

バラエティー

5月15日、フジテレビ系、林修のニッポンドリルでは「いま東京カレーが熱い!」。東京のカレー4激戦区をマニアが徹底調査!原宿、神保町、二子玉川、町田ですごいカレーが続々と誕生し、業界が揺れ動いています。

東京のカレー4激戦区

原宿の最高峰と言われている「神2エリア」。ここは、「神2」=「神宮前2丁目」のことで、約300㎡の中に6軒ものカレー屋さんがひしめいています。

原宿の「ヨゴロウ」

お勧めは「ほうれん草のチキンカレー 950円」
香辛料の鋭さと、濃厚なほうれん草味がする絶品カレーは、水を一切使っていません。
旨味が凝縮した濃厚ソースと、フライパンで炒めてカリッと香ばしいチキンが特徴です。

ヨゴロウ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目20−10 小松ビル1F
電話: 03-3746-9914

看板はないので気を付けてくださいね!

神保町の「桃の実」

「桃の実」のおすすめカレーは「Wカレー 1,000円」です。
ご飯を挟んで2種類のカレーが盛り付けられています。

・黄色いビーンズカレー:スパイスを使いながらもまろやかな味わい
・茶色いスパイスカレー:刺激的な辛さ
ビーンズカレー3:スパイスカレー7の割合で盛り付けられています。

桃の実では、10種類以上のスパイスを調合しています。
その中でも特徴的なのがマスタードシードを加えているところで、フレッシュなスパイスの香りと程よい苦味を味わうことができます。

刺激が強いスパイスカレーにまろやかなビーンズカレーを混ぜて、自分流に辛さをアレンジできます。

桃の実
東京都千代田区三崎町1目1-14 三崎町 大島
電話: 03-5577-2879

二子玉川の「オクシモロン」

オクシモロンは高島屋の屋上にあります。

お勧めは 和風キーマカリー 1,296円

キーマカレーとはソースの中にひき肉を入れたカレーのこと。

オクシモロンのキーマカリーは味噌汁との融合した和テイストのキーマカレーです。
ひき肉のうまみが凝縮されていて、上にはたっぷりの和ネギと半熟卵をトッピング。

八丁味噌と香りのよい田舎味噌の2種類の味噌を使い、さらに燻製したカツオ粉を加え、豚汁風にするためにゴボウも入れているそうです。

トッピングの半熟卵との相性が絶妙です。

「オクシモロン」の意味とは矛盾する語句を並べる撞着語法という意味です。
つまりカレーと味噌汁の融合なんですね。

パクチーを加えるとよりさっぱりと食べられるそうです。

オクシモロン

東京都世田谷区玉川3丁目17−1
電話 03-6805-6505

町田の「カレーの店アサノ」

日本一のカツカレーと大絶賛。

JR町田から5分の町田仲見世商店街の中にある、「カレーの店アサノ

カツは、神奈川県ブランド豚「高座豚」を使用。

カレーの邪魔をしないように細かいパン粉を使って、薄い衣でサクッサクに揚げています。アサノのカレーは超サラサラタイプのカレーです。サクサクのカツの衣に、カレーの旨味を浸透させるためルーをサラサラにしているそうです。

カレーはラーメンスープの作りを参考に、アゴ出汁や野菜を使った魚介系スープと、豚骨スープを混ぜ合わせたWスープをカレーに混ぜ合わせています。

カレーの店アサノ

東京都町田市原町田4丁目5-19
電話 042-729-7258

コメント

タイトルとURLをコピーしました