スポンサーリンク

教えてもらう前と後「卵焼き」フワッと仕上げる作り方とは?

生活・美容・料理

3月26日、TBS系「教えてもらう前と後」のテーマは「食卓がガラッと変わる前と後」。
卵焼きをフワっと仕上げる作り方を教えてくれました。
簡単なのにふわふわ〜感動の卵焼きの作り方とは?

フワッと仕上げるには何を入れる?

A.酢
B.サラダ油
C.水

卵焼きをフワッと仕上げるには、を加える・・・でした。
考案されたのは弱火調理で有名な水島弘史シェフです。

卵液に水を混ぜることでふわっとした食感の卵焼きにすることができます。

卵3個に対して水40ccを入れます。

なぜ水を入れるのか?

水を入れることでふわっと仕上がるのは、卵の凝固温度と関係があります。

卵は卵黄が65~70度、卵白が80以上で固まる性質を持っています。
そのため、そのまま焼くと高温になりやすく固くなってしまいます。

水を加えることで、茶碗蒸しのように柔らかく仕上がるのでジューシーな食感になります。

弱火で焼くのは?

たんぱく質は強い熱が加わると固くなってしまうため、弱火で丁寧に焼いてあげることで柔らかく、ふんわりとした食感にすることができます。

ポイントは冷たいフライパン弱火で焼くこと。

教えてもらう前と後「唐揚げのタレ」
3月26日、TBS系「教えてもらう前と後」のテーマは「食卓がガラッと変わる前と後」。ご当地タレの食べ比べを行い、唐揚げに合うタレNo.1を全員で投票する。選ばれるのは、鹿児島、高知、鳥取、兵庫…それとも?
「教えてもらう前と後」失敗しないステーキの焼き方
3月26日、TBS系「3月26日、TBS系「教えてもらう前と後」のテーマは「食卓がガラッと変わる前と後」。ジューシーに焼きあがる、失敗しないステーキの焼き方がご紹介されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました