スポンサーリンク

冬の悩みを漢方薬で解消!林修の今でしょ講座

林修の今でしょ講座

2019年1月8日、「林修の今でしょ講座」では冬の悩みを解消、東洋医学ツボ&漢方薬SP

こちらでは、西洋医師が選ぶ冬の症状にお勧めの漢方薬のBEST3をご紹介します。

漢方薬とは?

漢方薬は生薬を組み合わせて作られています。

副作用は西洋医学の1/10だそうです。

漢方薬は食前に飲むのが効果的です。漢方薬は元々食べ物と同じに考えられています。

また、空腹のときの方が吸収が良いと言われています。

第3位「芍薬甘草湯」

芍薬甘草湯は痛みに効く漢方薬で、冬の腰痛やこむら返りにお勧めです。

芍薬に含まれるペオニフロリンは筋弛緩作用があります。

甘草に含まれるグリチルリチンは抗炎症作用があり痛みに効く。

第2位「大建中湯」

大建中湯はお腹の冷えを伴う痛みに効く。

山椒、人参、乾姜、膠飴の組み合わせです。

体を温めます。

手術後の腸閉塞予防として病院で利用されています。

第1位「葛根湯」

葛根湯は風邪の初期症状に効きます。

葛根、麻黄、芍薬、大棗、桂皮、生姜でできています。

葛根湯は体を温めるスペシャリストです。
温度が上がると免疫効果が高くなります。

首は体温調節の要になります。首は体温を調節するのに重要な場所です。

肩こりから芍薬甘草湯も入っているので、虫歯までオールラウンドに聞きます。

東洋医学ツボで冬に抱える悩みを解消!林修の今でしょ講座
2019年1月8日、「林修の今でしょ講座」では冬の悩みを解消、東洋医学ツボ&漢方薬SPこちらでは、現代人が冬に抱える体の悩みである頭痛、腰痛、冷え性、肩こり、目の疲れを東洋医学のツボ押しで解消する方法を画像でご紹介します。
さつまいもの食物繊維は肥満対策の最強食材!林修の今でしょ講座
2019年1月8日「林修の今でしょ!講座」はさつまいもの4大新発見スペシャル。「さつまいも」は太るは間違い!賢く正しく食べれば肥満対策の最強食材になります。
りんごの栄養効果!林修の今でしょ講座
2019年1月8日「林修の今でしょ講座」ではりんごの栄養効果が紹介されました。 りんごの栄養効果、プロシアニジンとペクチンについて、保存方法や美味しいりんごの選び方をお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました