スポンサーリンク

日光切込湖・刈込湖ハイキングに行ってきました

登山

GWの真っただ中、5月2日今日は平日だけどお休みして日光にハイキングに行きました。

日光と言えば東照宮、華厳ノ滝、中禅寺湖などが有名ですが、皆さんはハイキングならどこに行かれますか?
戦場ヶ原などが一般的かしら?「日光」「ハイキング」と入力して調べてみました。
切込湖、刈込湖というところがでてきて、なかなか良さそうだったのでこちらに決定しました。

アクセス

地元駅から東武日光駅まで行き、湯本温泉行きの東武バスに乗り終点の湯本温泉で降ります。

東武線は片道、約1200円、バスは片道1700円、往復だと5800円ですね。

私は東武線沿線に住んでいるので、ネットで調べたら「まるごと日光東武フリーパス」というのがあってとってもお得だとわかりました。

フリーパスはなんと4300円で購入できます。
もちろんフリーパスですから、バスも途中下車などOKです。帰りに日帰り温泉に寄れたら行きたいので、好都合です。

ハイキング順路

湯元温泉バス停から切込湖・刈込湖を散策して、光徳温泉の日光アストリアホテルまで歩きます。

コースマップ

距 離  : 10km
高低差 :300m
所要時間:4時間半以上

光徳温泉アストリアホテルから日光に行く最終バスは15:57なんです。

もし間に合わなければ、一旦湯本温泉に戻ってからでないとバスはありません。
湯元温泉バス停に到着したのは10:05。トイレなど済ませて出発は10:20でした。

ちょっとゆっくりめな方とのハイキングだったので、標準4時間半(休憩含まず)だと最悪バスの時間に間に合わないかも?
それゆえ、ポイントポイントで時間を測って、規定の時間と見比べての工程になりました。

最初の難関

小峠までの岩ゴロゴロの場所は、段差もあり最初の難関でした。その後はそれほどではありませんでしたが、びっくりするほど雪が残っていました。

あら、雪が残ってる。日光ってやっぱり寒いのね~なんて雪を傍目に見ているときは余裕でしたが、歩くところも雪だらけになったのにはびっくりでした。

雪が残っていてザクザクと歩くところはまだ安全で、溶けてアイスバーンになっているところが危険でした。私も2度ほど滑りましたよ。

 

 

刈込湖

三岳の噴火によって沢がせき止められてできた湖だそうです。

生い立ちは中禅寺湖、湯の湖と同じですが華厳の滝、湯滝のように水が流れ出る沢はありません。また、名前は分かれていますが双方の湖はつながっていて推進派どちらも15mだとか。

とっても綺麗な湖でした。湖面がキラキラ輝いていました。

切込湖

刈込湖に比べると小さかったけど、雪とのコラボが素敵でした。

 

日光のハイキングコース

その他、日光のハイキングコースをご紹介しておきますね。

環境省_日光湯元ビジターセンター_ハイキングコース

やしおの湯

地元の温泉、立ち寄りの湯に行きました。日光市民のために作られたこの温泉。
市民割引はもちろん、65歳以上の方の割引もあります。

光徳温泉から東武日光行きのバスに乗り「清滝1丁目」というバス停で降りて1km歩いた所にあります。中善寺温泉の通過後はいろは坂を降りてから「清滝3丁目」というバス停が出てきたので、次が1丁目かと思ったら「清滝」でした。
バスの掲示板には次に泊まるところしか表示されないので、運転手さんに聞いちゃいました。

「清滝」のあと、二つ目だったかな?「清滝1丁目」で降りて右側に道なりに下ると八潮の湯が見えてきました。

やしおの湯、とろっとした感触のお湯で、お肌がつるつるになりました。
カラになったペットボトルに、流れでていると頃を汲み取ってきちゃいました。

日光市営 やしおの湯

さいごに

GWとはいっても一応5月2日は平日。道が混みあうことなく、バスは時間通りに運航されました。晴れときどき曇りのお天気で、温泉に入っている間に雨が降り出しましたが、たいした雨でもなく、とっても快適でした。

湯元温泉バス停には「切込湖、刈込湖方面はこちら」みたいな案内板がなかった(見落としたのかも?)ので、行先の方向がわからず困りました。案内所で確認するのが間違いがなくお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました