スポンサーリンク

ガッテン えごま油1日スプーン1杯でカラダが激変!体重や体脂肪が減っちゃう?

健康情報

11月21日、NHKガッテン!では「スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識」

1日小さじ1杯足すと、体重や脂肪が減る人が続出したという。その油はオメガ3のえごま油、亜麻仁油だった。
えごま油の使い方&保存法を大公開します!
 

油の真実、今日本人に不足している油とは?

かつては日本人は魚の油が主体だったのに、バター、オリーブ油、サラダ油が増えて、現在では魚の油は減ってきてしまいました。

摂取する油のバランスが悪くなると、心臓疾患が増えてしまいます。

そこで、あるアブラを足すことで、血液がサラサラになり心筋梗塞のリスクが減り、ダイエットまでできちゃう。

毎日スプーン1杯あるアブラを摂ると、バランスが取れるようになるそうです。

48名の日本人で検証してみました。

北極圏イヌイットの民族で大発見。アザラシ油で健康になる!

48名の日本人にスプーン1杯のアザラシ油を1日1杯足して、1ヶ月チャレンジして貰いました。

その結果は・・・

・何にも食生活を変えていないのに、に33人が体重が減りました。
・心臓疾患への道の中性脂肪も12人が改善しました。

この油は、中性脂肪の改善に使われる薬にもなっているそうです。

食事制限ができない人がダイエットする場合、この油をお勧めしています。

油は種類によって働きが違う

食べた油は中性脂肪に合成されて肝臓に蓄えられます。
残った中性脂肪は、内臓脂肪や皮下脂肪になります。

アザラシ油は肝臓に入って中性脂肪の合成を阻害します(溜まるとは逆の働きをします)
さらに、中性脂肪が内臓脂肪や皮下脂肪になったのを燃やしてくれます。

アザラシ油の秘密

オリーブオイルとクジラの油(アザラシ油と同じ)を比較してみました。

冷凍庫に入れ7時間経過後

オリーブオイルは固まっているが、クジラ油は-35度でも凍りませんでした。

・この油を摂ると代謝が上がり、寒さを感じない。
・基礎代謝がアップする。

油の力で消費カロリーがアップするので、ダイエットにも有効なんです。
 

アザラシ油と同じ働きをする油は?

日本でも手に入りやすい、アザラシ油と同じ働きをする油とは?

それはえごま油だった。( えごまはシソ科の植物です)

油は4種類に分類されます

体内で作ることができる油

体内で作ることができない油


 

オメガ6とオメガ3の働き

オメガ6は血液を固めます。

オメガ3は血液をサラサラにします。

このオメガ6とオメガ3のバランスが非常に大切なのです。

良いバランスはオメガ3:オメガ6が1対2になることです。

オメガ3のアザラシ油は手に入りにくいので、えごま油でも亜麻仁油でもOKです。

油の摂り方

納豆やスムージーにかけたりと、好きな食べ物にかけて食べればいいそうです。

気を付けるポイント

・熱に弱いので加熱調理には向きません。

・保管場所は冷蔵庫がお勧めです。

・酸化しやすいので、開封したら1ヶ月以内に使い切りましょう。

子供の脳の成長にも重要なので、妊娠中のお母さんには積極的に摂ってほしいものです。

毎日コツコツ摂って、健康な体つくりを目指しましょう。

「名医のTHE太鼓判」えごま油で血圧改善!血圧サージが危ない
4月1日、名医のTHE太鼓判では「油大研究!いい油を使い分けて健康になろうSP」が紹介されました。1日スプーン1杯分摂取するだけで血圧に劇的な効果が見られる、最強オイルをはえごま油だった。血圧が急上昇する血圧サージを放置すると危険なんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました