スポンサーリンク

主治医が見つかる診療所「危ないセキ」過敏性肺炎の原因は加湿器だった!

主治医が見つかる診療所11月28日の放送は、知らないと命を落とす危険なセキとは?

冬のある習慣から突然の呼吸困難を予防する、恐ろしい肺病とは?

その原因は加湿器だった!

過敏性肺炎とは?

肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症で、細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく、有機物の粉塵や化学物質(これらを抗原と呼びます)を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応が原因となります。

息切れ、せき、発熱といった症状が見られ、抗原を避けることにより、改善しますが、長期間抗原に曝露されていると炎症が慢性化し、肺がどんどん固くなります。

加湿器肺

加湿器を使うことによる、過敏性肺炎のことを加湿器肺といいます。

加湿器には気化式加湿器、加熱式加湿器、超音波式加湿器があります。

超音波式加湿器は比較的安く、デザイン性もいいのですが、お手入れを怠ると細菌が発生しやすいので気を付けないといけません。

水をつぎ足しつぎ足しすることにより、超音波の振動により、結果的に水の温度が30度くらいになります。この温度は細菌が一番繁殖する温度なんです。

加湿器により部屋中に細菌をまき散らしてしまいます。

しかし、アレルギーのある人が発症しやすく、アレルギーがない人には発症しにくいそうです。

超音波加湿器の注意するべき使い方

・水を入れ替えるときは、つぎ足さずに、全て捨てて新しい水を入れる。

・良く洗うこと。

・タンクだけでなく、器機の中もよく乾燥させること。

主治医が見つかる診療所「オシッコ」を観察して慢性腎臓病を回避しよう
主治医が見つかる診療所11月28日の放送は、オシッコで早期発見!!8人に1人の新国民病SP。尿タンパクに問題がある場合、CKB(慢性腎臓病)になる危険性がある。自覚症状がないままに人工透析にならないように気を付けるポイントとは?
主治医が見つかる診療所「アレルギー」対策ハウスダスト、イヌ・ネコどう対策する?
主治医が見つかる診療所11月28日の放送は、ハウスダスト、小麦やソバ、イヌ・ネコなどペットアレルギーの対策方法が紹介されました。 ハウスダストアレルギー対策 ・掃除をこまめにする ・敷物に気を付ける →できれば、フローリングにし...
主治医が見つかる診療所「危ないセキ」鳥関連過敏性肺炎とは?
主治医が見つかる診療所11月28日の放送は、寒い時期だけセキが出る。 そのセキ大丈夫? 過敏性肺炎とは? 肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症で、細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく...
主治医が見つかる診療所「カンタン腎臓体操」でダイエット・高血圧にも効果
主治医が見つかる診療所11月28日に放送された慢性腎臓病の予防につながる「カンタン腎臓体操」をご紹介します。腎臓病予防、ダイエット、高血圧にも効果があるそうです。 カンタン腎臓体操 かかとのあげおろし 息を吐きながらかかとを5秒かけて...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました